医療AIのMETRICAが総額8000万円の資金調達を実施 ー医療・介護業務をAIで効率化ー

最終更新日:

AIなどの最先端IT技術を用いて医療・介護従事者の業務を効率化し、負担を減らすためのプロダクト開発を行うMETRICA株式会社が、インキュベイトファンド、ライフタイムベンチャーズ、及びエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資などにより、総額8000万円の資金調達を完了したと発表しました。

撮影:AINOW編集部

METRICAが挑む「医療・介護」の現場の課題

METRICAは「医療の常識をアップデートしよう。」をミッションとして、医療・介護従事者の業務負担を減らし、医療・介護のエコシステムを改革するITシステムの開発を行っている慶大生スタートアップです。

現在、日本には約8400の病院が存在し、その約40%が継続的な赤字経営に陥っています。さらに近年では、高齢化や医療技術の高度化も相まって、医療・介護費は増加の一途をたどっています。医療・介護費の大部分は、医師・介護士などの人件費であり、全体の50〜70%を占めています。

また、医師の残業時間を「年1860時間」にする案がまとめられており、これは、一般労働者の残業上限の「年720時間」をはるかに上回ります。介護士に関しても、2025年には約38万人もの人員不足が見込まれ、残業時間の増加は免れません。

このように、医療・介護従事者を取り巻くシステムは大きな財政的課題になっているだけでなく、現場で働く人々にかかる負担を今後ますます肥大させます。

METRICAは、医療・介護従事者の業務をAIなどを活用した最先端のIT技術で効率化・代替し、医師・介護士の業務負担・残業・離職を減らすことで、医療・介護現場の不健全性と日本の財政的問題の解決を目指しています。

しかし、医療・介護現場の課題構造が複雑であるが故に、課題解決のためのソリューション定義や、その後のプロジェクト進行が困難であることが多く、医療とIT技術の間の溝はいまだに大きいのが現状です。METRICAは、医学部で医学・医療を学びながら、情報科学・機械学習についても学んできた代表の西村氏を中心として、医療の課題を見極め、それを解決するためのITソリューションを定義・開発します。

METRICAが進めるプロジェクト

METRICAは、医療・介護と親和性が高い「AI技術」や「エッジコンピューティング技術」などのIT技術を利用して、医療・介護現場のワークフローを改善するプロダクトを開発しています。

これらのプロジェクトは、開発・販売に関するパートナー企業と進めており、財政的・労働環境的問題を抱えた医療・介護業界にフィットするため、安価かつ、現場の意見を反映したプロダクト提供を目指しているといいます。

  1. 外国人介護スタッフ向け電子介護記録
    日本の介護現場で働く外国人スタッフと日本人スタッフの間の情報共有をサポートする機能を備えた電子介護記録。EPA制度/外国人技能実習制度などの整備に伴い今後増加すると言われる外国人介護人材の働く環境の構築をサポートすることで、外国人労働者の流入の増加、介護人材不足の解消を意図したプロダクトです。
  2. AI見守りカメラ
    介護施設入居者をAIが見守り、有事のイベントの発生時には介護士に通知を飛ばすことで、介護士の精神的負担の多くを占める「見守る」という役割・業務をAIにより代替。同時に、入居者の身体機能をAIが抽出・評価し、適切な介入・ケアを促すことで転倒予防や認知症の進行遅延を目指します。Edge-Computing技術を利用することで、入居者のプライバシーに配慮した安価な見守りシステムを構築しています。
  3. 在宅透析治療管理AI
    在宅で行う透析治療(=腹膜透析)の在宅管理をサポートするAIシステム。医師による管理の頻度が落ちてしまう在宅治療でもAI技術を用いて治療を管理することにより、医師の負担を上げることなく安全な在宅透析治療を実現し、透析治療の在宅を促します。

外国人介護スタッフ向け電子介護記録

AI見守りカメラ

今後も、提携パートナーと上記プロジェクトを進める他、新規パートナー企業と別領域での新規プロジェクトを立ち上げる予定だといいます。

引受先コメント

【インキュベイトファンド 代表パートナー 和田 圭祐氏】

少子高齢化に伴い、我が国の医療・介護人材不足はますます深刻化しており、医療・介護現場のICT化及び生産性向上が急務になっています。METRICA社は、医療・介護現場での研究開発力/実装力の高さを武器にこれらの課題の解決に資するプロダクト開発を行っており、社会的意義の大きな事業になると考えております。

【ライフタイムベンチャーズ 代表パートナー 木村 亮介氏】

高齢化による医療介護需要の増加と生産年齢人口の減少が同時に進行しつつあるわが国にとって、医療介護現場のマンパワー不足は医療介護業界、そして社会全体にとっての大きな課題です。

METRICA社の「AI × エッジコンピューティングで、医療・介護現場のワークフロー改革」というビジョンの実現が、いま現場を支えて下さっている医療介護従事者の方が本来は取り組みたい、取り組むべき活動へ時間を割けるようになる一助となることを心より楽しみにしています。

 

2019年5月17日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する