東大・松尾研発のAIスタートアップACESが数千万円の資金調達を実施 |画像認識サービス「SHARON」をリリース


東京大学 松尾研究室発のAIスタートアップ、株式会社ACES( 以下ACES)が、VCファンド「Deep30投資事業有限責任組合」と、 株式会社経営共創基盤を引受先として、 第三者割当増資による数千万の資金調達を実施し、 ヒューマンセンシングを中心とした画像認識サービス「SHARON」の提供を開始したと発表しました。

調達した資金で、 SHARONの研究開発やエンジニアなどの人材採用に活用し、さらなる成長を図るとしています。

合わせて、 松尾 豊 氏(東京大学工学系研究科教授、 一般社団法人日本ディープラーニング協会理事長)と川上 登福 氏(株式会社経営共創基盤パートナー、 一般社団法人日本ディープラーニング協会理事)の両氏が、 ACESの顧問に就任したと発表。最先端研究の社会実装による社会課題の解決を一層推進していくとしています。

ディープラーニングで社会をシンプルに|株式会社ACES

株式会社ACESは、 東京大学 松尾研究室発のAIスタートアップ。「アルゴリズムで、 社会はもっとシンプルになる。 」 という理念のもと、 AIの共同研究開発・アルゴリズムパッケージ提供を行う企業です。

実社会の現場には依然として複雑で属人的、 非効率な業務が数多く存在することを課題と捉え、ACESは 最先端のAI研究開発能力をいかし、ディープラーニングを始めとしたアルゴリズムの力によって、 実社会をシンプルにし、 だれもがいきいきと生きられる社会の実現を目指しています

ヒトの認識アルゴリズムに強み|画像認識サービスSHARON

ACESが提供を開始するSHARON(シャロン)は、 ヒトの顔認識、 感情や行動の分析、 モノの検知などを実現する組み込み型の画像認識アルゴリズムパッケージ です。

最先端のAIアルゴリズムが実現する「機械の眼」をさまざまなビジネスシーンに柔軟かつ手軽に組み込むことができますのがSHARONの特徴です。 SHARONは、 特にヒトの認識アルゴリズムに強みを持ち、 専門家が注視する必要があったヒトの心の動きの把握や、 身体動作を伴う業務におけるパフォーマンス分析などにおいて特に高い効果を発揮します。 SHARONにより、 AI導入をより手軽でシンプルにすることで、 より多くの実ビジネスにおける、 複雑で属人的、 非効率な業務を無くしていくことを目指します。

各コメント

田村浩一郎 氏(株式会社ACES CEO)
属人的な労働を前提にした産業構造は、 人口減少に伴い限界を迎えていると感じています。 ACESは、 『アルゴリズムで、 社会はもっとシンプルになる。 』というビジョンのもと、 特に実社会とウェブの境界に着目し、 Deep Learning技術の社会実装に取り組んできました。 この度の資金調達と松尾氏、 川上氏の顧問就任といったご支援にレバレッジを効かせ、 大きな社会インパクトを生み出すべく非線形的な成長を遂げてまいります。
松尾 豊 氏(東京大学 松尾 豊研究室)
ACESは、 能力の高い優れたメンバーが揃った会社だと思います。 Deep Learningの技術のみならず、 さまざまな技術を習得する力、 コミュニケーション能力、 あきらめずに困難を乗り越えていく力など、 急成長するスタートアップに必要な資質を備えています。 その活躍と成長を応援しています。
川上 登福 氏(株式会社経営共創基盤パートナー)
高い技術力・ビジネス感覚・強い個性の集団、 そんなACESとの経営・事業・技術の議論は常に新鮮で刺激的です。 今後、 更に、 そして急速に、 事業領域を拡大するACESの経営を支えるべく、 顧問としてACESの経営全般の支援をおこなっていきます。
田添 聡士 氏(Deep30 代表)
ACESの高いエンジニアリング力はもちろんのこと、 多くの共同研究・開発で培った領域ごとの課題の真因をキャッチアップする力にとても魅力を感じています。 今後、 深層学習により物事の認識・予測、 時には判断までが非常に低コスト・高精度で可能となり様々なビジネスのあり方が変貌していくことが予想されます。 ACESが自身の強みを活かし、 その変貌を推進してくれると確信しております。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する