AIベンチャーのエクサウィザーズがパーソルグループと資本業務提携し、AIを活用したサービスを共同開発

最終更新日:

株式会社エクサウィザーズと、 パーソルホールディングス株式会社が、 はたらく人の「仕事を通じた幸せ」の実現を目指し、 人事・人材領域における研究やサービス開発に共同で取り組むことを目的に、 資本業務提携することで合意に至ったと発表しました。

この出資はPERSOL INNOVATION FUND合同会社を通じて実施され、 エクサウィザーズは既存株主を含む合計6社から総額約15.8億円の資金を調達しました。

今後、 日本は超高齢社会に伴う労働力人口の減少や、はたらく人の多様化・国際化など、多くの課題に直面します。 今回の資本業務提携により、 パーソルグループが持つ人事・人材領域での知見やデータとエクサウィザーズのAIソリューション力という両社それぞれの強みを発揮し連携することで、 社会課題の解決に貢献していく予定です。

パーソルグループの既存サービスへのAI活用によるデジタル化の加速

パーソルグループが展開する人材派遣サービスの「テンプスタッフ」や転職サービス「doda」などを中心に、 さらなるAIの活用に取り組む予定です。

これにより、 個人/法人顧客に対する提供価値の向上が見込まれます。 また、 企業と求職者を最適な形でマッチングし、 これまで以上に多くの適材適所を実現していくとしています。

加えて、 AI活用によって各ビジネスプロセスを進化させ、 従業員の生産性向上と提供価値の高度化を図ることで、 より多くのクライアントに対して、 迅速で付加価値の高いサービスが提供出来るよう貢献していくとしています。

「 HR君」をベースとした人事部門の生産性向上や従業員の働きがいを支援するサービスの 共同開発

エクサウィザーズが展開するAIをフル活用したクラウド型の人事支援サービス「HR君」との連携により、 カバーする業務領域を今後さらに拡大し、 多様な人事業務にAIをフル活用することで、 人事部門や現場の生産性を向上させ新たな価値を提供できるよう連携を深めていきます。

具体的には、 一人ひとりのはたらきがいを支援し、 企業の競争力を高めるサービスとして、 下記3つのテーマを中心に事業化の実現性やそのポテンシャルを研究・検討しているとしています。

  • 企業内人事データの解析をもとに最適な採用候補者をリコメンドする「採用マッチングサービス」
  • 従業員のコンディションを常にベストな状態に維持するための「メンタルヘルスマネジメントサービス」や「Employee Experience (EX)サービス」
  • 人事BPOと連携し人事担当者の付加価値を向上する「AIによる人事業務高度化ソリューション」

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する