HOME/ AINOW編集部 /TechBowlと武蔵野大学データサイエンス学部が連携を発表 / 技術フィードバックやキャリア相談などを学生に提供
2019.08.26

TechBowlと武蔵野大学データサイエンス学部が連携を発表 / 技術フィードバックやキャリア相談などを学生に提供

最終更新日:

株式会社TechBowlと武蔵野大学データサイエンス学部が包括連携協定を締結しました。

株式会社TechBowlは、現役ITエンジニアからスキルを学べるプロエンジニア養成所「TechTrain」を運営している企業。現在70名のメンターのうち、8名がデータサイエンスを中心に教えています。

武蔵野大学データサイエンス学部は2019年4月に開設しました。 2019年度入試では、 定員70人に対し志願者1,767人と25倍超の人気を集めました。 現在71名の1年生が在学しています。

今後は武蔵野大学データサイエンス学部内で行われる、さまざまなカリキュラムを加速させる役割として、 TechTrainのメンターが技術のアドバイスやフィードバックを行い、 データサイエンス分野の人材育成を図っていくとしています。

また、学生に対する企業情報の紹介、 キャリア相談、 実務に近い疑似体験の場を提供し、 実践的な人材教育を推進し、 社会の発展に貢献することも目指すとしています。

▼AINOWによる武蔵野大学データサイエンス学部のインタビュー記事はこちらから

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に

リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減

AI活用で全身24箇所が採寸できる「Bodygram」が提供開始