HOME/ AINOW編集部 /ALBERTとABEJAが業務提携
2019.08.27

ALBERTとABEJAが業務提携

最終更新日:

2019年8月27日、 株式会社ABEJAと 株式会社ALBERTが AIや分析のプロジェクトの協業とMLaaS(Machine Learning as a Service ※1)の機能拡充に向けた共同開発のため、 業務提携契約を締結したと発表しました。

MLaaS (Machine Learning as a Service)
ABEJA Platform上で提供する、 素早く、 簡単にAIモデルを検証したり、 自社サービスに組み込むことのできるツール群の総称

写真左から、 株式会社ABEJA/MLaaS Product Manager Huang Yumin Oliver氏、 取締役CPO 菊池 佑太氏、 代表取締役社長CEO, 岡田 陽介氏、 株式会社ALBERT/代表取締役社長兼CEO松本壮志氏、 データソリューション本部副本部長 青木 健児氏、 データソリューション本部プロジェクト推進部第1セクションマネージャー 中村 一翔氏

ALBERTは150名を超えるデータサイエンティストを有し、 AIのシステム実装を視野に入れた産業・企業の開発パートナーとして、 「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム開発」「システム実装」などのソリューションを提供しています。

ABEJAは、 AIの開発・運用に必要不可欠な、 さまざまな大量データの取得、 蓄積、 学習、 デプロイ、 推論・再学習のプロセスを省力化するプラットフォーム「ABEJA Platform」をコアサービスとして提供することで、 AIの民主化を推進してきました。また、 MLaaSの1つとして、 ノンプログラミングでAI開発の初期仮説を簡単に検証できる「ABEJA Platform Accelerator(α版)」を提供しています。

両社の業務提携では、AIやビッグデータの活用に伴う専門人材の不足や導入のコスト・環境整備、 運用など企業が抱える課題に対して効果的なソリューションを提供していくとしています。

両社の取り組みは主に以下の2つです。

  1.  ABEJA Platformを活用したAIや分析プロジェクトの協業
    ABEJAのABEJA PlatformをALBERTに提供。 ALBERTは、 ABEJAの顧客の一部に対して、 顧客ごとに最適なAI・分析プロジェクトの推進を支援します。 また、 ALBERTの顧客と取り組むプロジェクトでは、 顧客ニーズに合わせてABEJA Platform上での開発・運用を行うことが可能に。この取組みにより、 短期間で顧客にAIモデルの提供ができるほか、 AIの本番運用で必要不可欠な継続的なモデル改善のプロセスを最適化することが可能になります。
  2. MLaaSの機能拡充に向けた共同開発
    ABEJA Platformの一部としてAIモデルや開発ツールを提供するMLaaSの機能拡充に向けて、 両社で共同開発をはじめます。 共同開発の第一弾として、 ALBERTが提供する画像認識サービス「タクミノメ」で利用できるAIモデルを、 AI開発の初期仮説検証が簡単にできる「ABEJA Platform Accelerator(α版)」に搭載します。この取組みにより、 「タクミノメ」のAIモデルの提供範囲拡大による収益機会の増加が期待でき、 さらにABEJA Platform Acceleratorでは、 新規事業開発推進者が仮説検証できるAIモデルの幅が広がります。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来

「マスク着用声かけAI」が無償提供開始 ーブラウザで使え、PCとWebカメラのみで利用可能

データサイエンスを過度に民主化するな

月額500円から使える「AI人数カウントサービス」が登場 ー小売、飲食店の「密」の可視化が可能に