【精度は87.5%】MatrixFlowが退職者の傾向を察知するAIサービス「HR Flow」をリリース

最終更新日:

株式会社MatrixFlowがプログラミング不要のAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」で利用できる、 人事領域向けサービス「HR Flow」を8月28日(水)より提供開始すると発表しました。

「HR Flow」は、 退職リスク予測をはじめ、 人事領域の指標を予測する際に利用できるサービスです。

従来、 人事部の担当者が分析していた業務が自動化されることにより、 業務負荷の低減が期待されます。 また、 隠れた指標が顕在化することにより、 より効果的な退職抑止施策の立案に貢献することが期待できるとしています。

従業員の退職によって企業は大きな損失を被ります。 多くの企業は優秀な人材の採用や、 採用した社員に対する教育のために多額の費用を投じています。 新卒採用を対象とした株式会社マイナビの調査によると、 入社予定者1人当たりの採用費平均は53.4万円となっています。

また、 産労総合研究所の調査によると、 1社当たりの教育研修費用総額は、 2017年度は予算額7,703万円、 2018年度は8,017万円です。 従業員の退職により、 先行投資として行ったはずの採用や教育は企業にとって回収できない費用となってしまいます。

このような損失を未然に防ぐため、 MatrixFlowは、 企業がAIで退職者の傾向を事前に察知し、 個別フォローや制度の改善などのポジティブな施策の実施により退職の事前抑止に貢献できるよう、 「HR Flow」をリリースするにいたったといいます。

HR Flowでは、 すでに社内にある人事データを活用し、 ボタンやマウスの操作のみでAI構築ができます。 「アルゴリズムの選択」「アルゴリズムを制御するハイパーパラメータの調整」などは自動化されているので、 知識や経験は不要です。

これにより、 人事領域で多くのユーザーがAI技術を活用し、 得られた知見からポジティブな施策による離職率の改善が期待されます。 また、 事前検証で87.5%の精度(再現率)で退職者を予測でき、 効果は実証済みとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する