HOME/ AINOW編集部 /サイバーエージェントがAI事業本部を発足、データサイエンスの横断組織
2019.09.02

サイバーエージェントがAI事業本部を発足、データサイエンスの横断組織

最終更新日:

株式会社サイバーエージェントが、AIを活用したデジタル広告事業開発の強化ならびに新たなAI事業の創出を目的に、専門部署であるAI事業本部を2019年9月2日に発足したと発表しました。

サイバーエージェントはこれまでもデジタル広告市場の成長に伴い、AI技術の研究・開発をおこなう組織「AI Lab」を設立し、「AIによる多種多様なクリエイティブの制作支援」「AIを用いた広告配信における予測・最適化」「3DCGを用いた高品質なブランディング動画の制作」などの研究開発に取り組んできました。

AI事業本部を発足することで、今後もリテールテック領域やコールセンター業界におけるAI活用のさらなる加速を目指すとともに、AIを活用した新たな事業創出に取り組むとしています。

AI事業本部では5つの領域を中心に事業開発に取組み、新たに「Data Science Center」を新設。データサイエンスに関わる技術者を横断組織へ集約することで、各サービスにおける開発効率ならびに精度強化を図り、AI技術を用いてビジネス課題の解決を行うAI人材の採用・育成の強化に取組む構えです。

また、「AI Lab」では、さまざまなAI分野において研究開発を進めるべく、現在は15の大学・機関と産学連携を行っていますが、新規AI事業の機会創出にともない、新たな研究領域にも積極的に取組み、学術的発展と産業的貢献も目指していくとしています。

AI事業本部の責任者には、株式会社サイバーエージェント 取締役の内藤貴仁氏が就任します。

撮影:AINOW編集部 「CCSE 2019」にて

内藤貴仁氏
株式会社サイバーエージェント 取締役
AI・広告テクノロジー・クリエイティブ管轄

1977年生まれ。2001年 株式会社サイバーエージェント入社。2010年に広告事業の統括本部長を経て、同年、取締役就任。現在はアドテクノロジーとAIの研究・開発を担うAI関連事業と、オペレーション事業・クリエイティブ事業を統括。2018年に取締役に就任。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

沖縄美ら海水族館でAI図鑑アプリが無料利用可能に ー魚類の名前をAIが認識

【掲載数39】 「AI人材育成サービス カオスマップ 2020」が公開!

エアークローゼットが2000万以上のデータ分析から得たノウハウを特設ページで公開 −ファッション業界でのデータ活用推進に貢献

Withコロナ時代の小売店舗に特化したAIソリューション「Secure Xtect for Retail」が提供開始

マイクロソフト認定試験「AI-100」対策講座が日本初開講

全社員のDXリテラシーを向上、キカガクがオンライン動画学習サービスをリリース

機械学習の手法13選 ー 初級者、中級者別に解説!

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】