AIファンドとは?ファンドの実態と背景に迫る!

AIの活用範囲は年々広がっています。

富士キメラ総研の調査によれば、2018年度のAIビジネスの国内市場規模は5301億円と推定されています。市場規模は今後もさらに拡大していくでしょう。

今、AIにはビッグウェーブがきているのです。この波に乗るべく、続々と投資が始まり、多くのファンドが設立されました。AIに注目しているファンドにはどんなものがあるのでしょうか。ファンドが設立された背景などを詳しく見ていきましょう。

AIファンドとは

AIファンドには、AI企業に投資するファンドAIを使って投資をするファンドの2種類があります。

2種類について詳しく見ていきましょう。

AI企業に投資するファンド

AI企業に投資しているファンドの代表例として、グローバルAIファンドソフトバンク・ビジョン・ファンドが挙げられます。

グローバルAIファンドは、マザーファンドである「グローバルAIエクイティ・マザーファンド」に投資します。そしてグローバルAIエクイティ・マザーファンドは、世界の上場株式の中から、AIの進化や応用に高い成長が期待される企業に投資します。

マザーファンドの運用は、アリアンツ・グローバル・インベスターズU.S.LLCが担当。アリアンツ・グローバル・インベスターズを含むアリアンツ・グループは、資産運用における世界的な主要企業です。

一方、ソフトバンク・ビジョン・ファンドはソフトバンクグループが立ち上げたファンドで、AIベースのテクノロジーにフォーカスしています。Appleやフォックスコン、Microsoftなどのテクノロジー企業と投資家が参加するファンドです。

ソフトバンクグループ株式会社 代表取締役会長 兼 社長の孫 正義氏は、「1社で10兆円の規模の資金を集めて、AI革命に一気に同時多発的に出資を行っています。このあり方も一つの確信だろうと私は思っています。」とSoftBank World 2019で語っています。出資先も80社以上に到達しました。

また、孫正義氏は「日本はAI後進国になってしまった。(中略)日本も早く目覚めて、早くこの進化に追いつき、追い越さなくてはいけないと思っています。」とも語っており、AIに投資する重要性を訴えています。

AIを使って投資をするファンド

AIを使って投資をするファンドの代表例は、AI日本株式オープンAI(人工知能)活用型世界株ファンドです。

AI日本株式オープンはAIを活用して、膨大なデータを分析し、安定高配当銘柄を選定することを特徴としています。データを分析するだけでなく、経済ニュース、市場参加者(アナリストなど)の利益予想等を用いて複合的に評価銘柄を選定します。株式個別銘柄戦略で活用できます。

また、ディープラーニングの技術を用い、日次予想モデル・月次予想モデル・転換点予測モデルを作成できます。

一方、AI(人工知能)活用型世界株ファンドは日本を除く、世界の株式を実質的な投資対象として、AIを運用して投資を進めていきます。

どちらのファンドもディープラーニングやテキストマイニングを活用して、投資を有利に進めることを目指しています。

AI企業に投資するファンドが設立されている背景

このようなAIファンドが設立されているのには、どんな背景があるのでしょうか。AIの活用範囲・市場規模の観点から考えて行きます。

AIの活用範囲が広がっている

AIの活用範囲は多岐にわたります。

  • 自動運転
  • ヘルスケア
  • 創薬
  • フィンテック
  • HRテック
  • スマートスピーカー
  • マーケティング支援

など、これらの範囲で活用可能なAIは今後さらに発展をしていくことが見込まれているのです。

AIの市場規模が大きくなってきている

現状として、企業はAIテクノロジーをいかに使ったら良いかを試行錯誤している状況です。

そのため、現在のサービスや製品はPoC段階であることが多くなっています。

しかし、今後さらに技術が進歩し、本格的に企業に導入されるようになれば、さらに市場規模は大きくなっていくでしょう。

富士キメラ総研の「2019 人工知能ビジネス総調査」によれば、2018年度のAIビジネスの国内市場規模は5301億円と推定され、2030年度の市場規模は、2兆1286億円と予測されています。

今後はAIテクノロジーを搭載したサービスや製品が市場に次第に投入され、さらに市場が加熱していく可能性があるんです。

まとめ

今後、さらに市場規模が拡大していくことが予想されているAI。

そんな時代の中で、AI「に」投資するファンドと、AI「で」投資するファンドの2種類が登場しました。

AIを扱う企業を投資対象とするAI「に」投資するファンドは、AIの将来性を示しています。AIの技術を応用したAI「で」投資するファンドは、AIの技術力の進歩を示しました。

このようなAIファンドはAIの進化を示し、サポートしていくためにも重要な役割を果たします。

時代の加速に貢献し、波に乗り遅れないためにも、AIファンドの今後の活躍に目が離せません。

2019年10月2日 2019年10月2日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する