AI人材教育のアイデミー、経団連に入会 ー「Society5.0」の実現に寄与

最終更新日:

AI分野の人材育成などを手がける株式会社アイデミーは、2019年12月16日付で、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)に入会したと発表しました。

アイデミーは、自社の目指す社会の姿と、日本政府が提唱し、経団連が掲げている未来社会コンセプト「Society 5.0」が一致したことを経団連への入会に至った経緯だとしています。

「Society 5.0」は、「AIを含む革新的技術をあらゆる産業や社会に取り入れることにより実現する新たな未来社会の姿」を目指すコンセプトのことです。

経団連は、IoTやAIやロボット、ビッグデータなどの革新技術を最大限活用し、経済発展と社会的課題の解決を両立する社会にすることを目指しています。

アイデミーは、人工知能プログラミングのオンライン学習サービス「Aidemy」を運営している企業です。現在では、個人向けだけでなく法人向けにもサービスを展開しており、その登録ユーザー数は2019年11月末に5万人を突破し、日本最大級です。

アイデミーは経団連への入会を契機に、「Society5.0」の実現に寄与するべく、経団連の活動に積極的に参加するとともに事業を一層推進していくとしています。

Aidemyの概要
  1. 10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
  2. ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
  3. 無料から始められる – 一部の講座は完全無料で受講可能です。
2019年12月19日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する