AIが棋力向上をサポート?将棋の世界で活躍するAIとは

最終更新日:

将棋でもAI(人工知能)が活用されるようになっています。
今まで将棋は人間ならではのもので、ロボットでは人間に勝てないと考えられてきました。しかし、AIの登場により、そのような考え方が揺らぎました。

今回は、将棋で活躍するAIについて説明していこうと思います。

将棋AIが人間を超えた!?

2017年に将棋AI(Ponanza)がプロ棋士に完勝

2017年、これまでプロ棋士として名声を築いていた佐藤天彦名人でしたが、将棋AI(Ponanza)の前に惨敗しました。

このニュースが報道されると、人間がAIを超えた事例として、大きな話題になりました。
そして、今でも将棋×AIのサービスやツールは生まれ続け、AIの勢いは止まっていません。

将棋は完全情報ゲーム

なぜ将棋でAIがここまで台頭したのでしょうか。
将棋は完全情報ゲームと言われています。つまり、将棋は全ての駒の動きのパターンが有限個に決まっていますし、お互いの行動が相手に見える形になっています。

特に将棋は対局する人が2人で、一方の利益が相手の損失に直結するゲームです。そのようなゲームは二人零和有限確定完全情報ゲームと呼ばれています。

他の例としては、オセロやチェス、囲碁などが挙げられます。

そのため、AIは自分の指し手のデータを学習し、相手の出方に応じて最も有利に進むと思われる手を指せば良いことになります。

人間では記憶力に限界があるため、全ての指し手を把握するのは不可能です。

そのため、将棋ではAIの方が人間よりも圧倒的に有利になります。

AIなら感情のバイアスがかからない

AIの特徴として、人間のような感情のバイアスに左右されることはありません。

人間は先行きが予想できなかったり、リスクが大きい手の場合は心理状態に大きく左右されます。

しかし、AIであればそのような感情的なバイアスを気にせず、データに基づいた統計的な一手で、戦況がより有利になるように指すことができます。

そのため、長期的に見ると人間よりもAIの方が有利に展開されるといったことが起こります。
感情的なバイアスの無さもAIのメリットと言えます。

棋士が将棋でAIを活用するケースも増加

将棋AIは棋力向上のためのツールに

実際、今では棋士が将棋の練習でAIを活用するケースも増えています。
ただし、これは実際に試合で活用して相手に勝つという使い方ではなく、自分の棋力を上げるためのツールとしての使い方が一般的です。

例えば、将棋の練習をする際にAIと対局し、今まで考えたこともなかった斬新な一手を発見したり、自分が正しいと思っていた指し方が実際にはどうなのかを検証したりすることで、対局に備えることができます。
そのため、現在では将棋の練習はAIと行うのが一般になりつつあります。

将棋で活躍するAI

リコー将棋AI棋譜記録システム

引用:https://jp.ricoh.com/technology/institute/research/tech_shogi_ai

画像認識を生かした将棋の進行状況を自動で記録するサービスです。

日本将棋連盟では年間3,000局以上の対局が行われ、全ての対局で棋譜が記録されています。しかし、その記録は全て手作業で人員が不足しているのが課題でした。

しかし、対局の記録が自動化されることで、そのための人を用意する必要がなくなり、業務の省人化につながりました。

対局将棋ソフト K-Shogi

引用:https://www.studiok-i.net/kshogi.html

無料で遊べる対局将棋ソフトです。

40段階のレベルに分かれていて、初心者から有段者まで幅広く楽しめます。

AIと対局できる他、棋譜を解析して次の一手のヒントを教えてくれる機能もあります。

Ponanzaの生みの親が開発「将棋ウォーズ」

引用:https://heroz.co.jp/

AI開発を手がけるHeroz社が開発したオンライン対局サービスです。

AIのレベルを設定でき、初心者から上級者まで、すぐに適切な相手を見つけることができます。

また、佐藤天彦名人を破ったAI「Ponanza」によるアドバイスも活用できるため、初心者であっても強い相手に勝利することができます。

囲碁AIが将棋にも応用「AlphaZero」

引用:https://deepmind.com/blog/article/alphazero-shedding-new-light-grand-games-chess-shogi-and-go

囲碁で世界チャンピョンを破ったAIphaGoに将棋とチェスの機能が追加されたものです。

どのゲームでも世界チャンピオンのプログラムを破ってたそうです。
特に将棋では、2017年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝した将棋ソフトelmoと100回対局し、AlphaZeroは90勝8敗2分という圧勝だったそうです。

将棋業界は今後どうなる?

AIの発達によって、練習では先例に囚われない指し手を簡単に見つけられるようになったことから、若手棋士の教育レベルは遥かに上がりました。そのため、将棋業界の全体のレベル向上につながります。

また、今まで棋士は指し手のパターンは先代の人間が考えたものを覚えて対局をするのが普通でした。

しかし、最近ではAIが導き出した手を対局で使用するプロ棋士は増加しており、新しい戦法に対応するために従来の法則に囚われないクリエィティブな思考が要求されるのではないでしょうか。

まとめ

将棋や囲碁などのゲームにおけるAIの勝利は、「AIが人間を超えた」とよく話題になります。

しかし、将棋や囲碁はあくまでも人間が楽しむためのゲームであり、AIの実力は関係ありません。

将棋AIは将棋を練習するツールになりつつあり、AIをどう活かすかがスキルアップにも繋がります。

将棋の中にAIをうまく生かすことによって、今まで以上に将棋の魅力が向上するでしょう。
そして、将棋に限らず他の知的格闘技のおいても同様にAI活用が広がっていくと期待ができます。

2019年12月20日 2019年12月27日更新

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する