HOME/ AINOW編集部 /PIXTAとAIコンサルを手がけるレッジが協業 -データ提供だけでなくハッカソンの開催も
2020.01.23

PIXTAとAIコンサルを手がけるレッジが協業 -データ提供だけでなくハッカソンの開催も

最終更新日:

写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」を運営するピクスタ株式会社が AIプロジェクトのコンサルティングやAI特化型メディア「Ledge.ai」の運営を行う株式会社レッジと協業し、 今後、 同社が手がけるAIプロジェクトのコンサルティング案件に、 PIXTAのデジタル素材を教師データとして提供していくと発表しました。

AIの活用に注目が集まる近年、ディープラーニングをはじめとした機械学習のモデル構築に必要なデータの量や質が注目されています。その潮流に合わせ、PIXTAは2018年9月から機械学習の教師データ(画像)を提供するサービスを開始しています。

一方で、画像データに情報を付与するアノテーション作業をはじめ、機械学習のモデル構築に必要な工程をクライアントや外部サービスに頼らざるを得ない課題があったといいます。

そこで、AIプロジェクトのコンサルティング事業を手がけるレッジと協業することで、PIXTAは教師データとして画像データを提供する強みを生かし、レッジとともにAIを活用した新たな価値の創出に貢献していくとしています。

また、今後はPIXTAが保有している素材を活用したハッカソンの開催も検討しています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

福岡銀行、AIで銀行口座の異常検知 ー詐欺や払いすぎなどを防止、認知症の早期発見も

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/13更新】

おむつ交換や虐待を検知し、ベビーシッター利用家庭に安心を ーMetamo Technologiesが設立

購入率が17%増加!「子供の写真が見つからない」膨大なイベント写真から我が子を検索できる「はいチーズ!」で

ディープラーニングでナンバープレートを瞬時に消去 -個人データの保護が可能に

国内初のスマートシティの標準APIと都市OSに関する共同研究を開始

不在配送が9割減!AIによる不在配送問題解消に5者が合意

【AIと宗教】AIが神になる?AIと宗教の関わり方を事例を交えて解説

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始