HOME/ AINOW編集部 /1万円で300社以上に自動でアプローチするAI営業マン「Daniel」のβ版がリリース
2020.02.17

1万円で300社以上に自動でアプローチするAI営業マン「Daniel」のβ版がリリース

最終更新日:

AIスタートアップのQuickWorkが運営する次世代型企業データベース「ApoKaku」の追加サービスとして「Daniel」がリリースされました。

「ApoKaku」は、 BtoB顧客ターゲッティングを目的に 売上や資本金、 拠点数、 従業員数などに加え、 400種類以上の業界や、 9000種類以上の事業シナリオ、 資金調達情報、 決算情報、 求人情報 での検索が可能が可能なデータベースです。

企業検索画面

「Daniel」では、「ApoKaku」のターゲティング機能に加えて、RPAの基盤システムを活用し、 問い合わせ自動送信機能を実装しアポイント獲得を自動化までカバーします。

また、ダッシュボード機能では「企業名」「送信結果」「送信日時」「会社HP」「電話番号」などの追って架電する際に必要な情報をCSVにてダウンロード可能です。

「Daniel」ダッシュボード画面

また、 初期費用はかからず、 月額費用20万以下で提供され、 リード獲得業務をDanielで低コストで代替することができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと