HOME/ AINOW編集部 /1万円で300社以上に自動でアプローチするAI営業マン「Daniel」のβ版がリリース
2020.02.17

1万円で300社以上に自動でアプローチするAI営業マン「Daniel」のβ版がリリース

最終更新日:

AIスタートアップのQuickWorkが運営する次世代型企業データベース「ApoKaku」の追加サービスとして「Daniel」がリリースされました。

「ApoKaku」は、 BtoB顧客ターゲッティングを目的に 売上や資本金、 拠点数、 従業員数などに加え、 400種類以上の業界や、 9000種類以上の事業シナリオ、 資金調達情報、 決算情報、 求人情報 での検索が可能が可能なデータベースです。

企業検索画面

「Daniel」では、「ApoKaku」のターゲティング機能に加えて、RPAの基盤システムを活用し、 問い合わせ自動送信機能を実装しアポイント獲得を自動化までカバーします。

また、ダッシュボード機能では「企業名」「送信結果」「送信日時」「会社HP」「電話番号」などの追って架電する際に必要な情報をCSVにてダウンロード可能です。

「Daniel」ダッシュボード画面

また、 初期費用はかからず、 月額費用20万以下で提供され、 リード獲得業務をDanielで低コストで代替することができます。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!