HOME/ AINOW編集部 /SNSのリアルタイム監視サービス『Spectee Pro』がリリース ―感染症関連など100以上の項目に対応
2020.03.10

SNSのリアルタイム監視サービス『Spectee Pro』がリリース ―感染症関連など100以上の項目に対応

最終更新日:

株式会社SpecteeがSNSリアルタイム危機管理情報サービス『Spectee(スペクティ)』のアップデート版である『Spectee Pro(スペクティプロ)』を、 3月10日(火)から提供開始しました。

『Spectee Pro』は、 SNSに投稿された情報をAIが解析し、 災害や危機管理情報を高い精度で自動収集する『Spectee』の機能拡張版です。

『Spectee Pro』は、 自治体の災害対応、 民間企業の危機管理やBCP対応(事業継続計画:危機的状況下でも、重要な業務が継続できるようにしておくための戦略)に即した機能が強化されています。

対象となる事象は事故などの緊急情報から河川の氾濫、 感染症関連など、 100以上の項目で、 自治体や企業ごとのニーズによりマッチした危機管理情報を配信することが可能です。

また、 空港や駅、 高速道路、 ビル、 工場、 商業施設といった対象とかけ合わせて情報を絞り込むこともできるほか、 フリーワード検索や地図表示にも対応し、 広範囲での災害発生時にも全体の被害状況を素早く把握できます。

まさに「今どこで何が起きているか」をよりきめ細かく収集・確認できるサービスとなっています。

『Spectee』は2020年2月28日時点で全国の報道機関、 都道府県や市区町村など35自治体、 5つの官公庁、 300社を超える民間企業が導入しています。

今回『Spectee Pro』の提供により、 よりきめ細やかな情報収集が可能となり、 これまで以上に、 鉄道、 電力、 ガス、 通信、 高速道路といった社会インフラ企業や複数の事業所や工場、 店舗などを有する企業、 自治体の災害対策など、 企業や公共機関のさまざまなリスクマネジメントに活用できるとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手