SIGNATE、新型コロナウイルス対策で「COVID-19チャレンジ」を開始!

最終更新日:

データ分析コンペのプラットフォーム「SIGNATE」 を運営する株式会社SIGNATEは新型コロナウイルス対策のためにデータサイエンティストの叡智を結集し、日本国内の新型コロナウイルス罹患者と患者間の関係データに関する最大規模のデータセットの構築と、そのデータの分析により感染実態などのインサイト抽出を目指すプロジェクト「COVID-19チャレンジ」を開始しました。

現在、新型コロナウイルスは私たちの暮らしや経済活動に深刻な影響を及ぼしています。感染症対策には、罹患者に関するデータを迅速に収集し公開することが重要です。事実、海外ではECDCなどが国別の罹患者数や死亡者数などの統計データを一元的に収集し、配信しています。日本国内においても、東京都は最新感染動向を伝えるダッシュボードを開発し公開するなどの活動も見受けられます。

しかし、現時点における日本国内の新型コロナウイルスに関する情報は、国や自治体などで配信方針がバラバラで、テキスト形式やPDF形式、画像形式のデータで配信されているものも多く、一元的・網羅的でデータ分析可能な状態になっていません。

また、罹患者数などの統計データだけではなく、罹患者一人ひとりに関する感染背景や症状などの詳細な情報を網羅的に収集し、データ分析が可能な状態で共有することも有用であると考えられます。

そこで、SIGNATEは、登録済の約3万人におよぶデータサイエンティストから有志を募り「COVID-19チャレンジ」を開催します。

まず、フェーズ1として、日本国内の新型コロナウイルス罹患者数と患者間の関係データに関する、有用なデータセットの構築を目指します。続けてフェーズ2では、そのデータセットを用いてデータ分析を実施し、感染実態に迫るインサイト抽出を目指します。

また「COVID-19チャレンジ」の成果は、営利・非営利を問わず自由に利用可能なライセンス形態で公開予定だとしています。

2020年3月20日

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する