HOME/ AINOW編集部 /みずほ銀行がAIによる住宅ローン簡易診断を開始 ー24時間対応で最速1分
2020.03.23

みずほ銀行がAIによる住宅ローン簡易診断を開始 ー24時間対応で最速1分

最終更新日:

株式会社みずほ銀行は、新年度に向けて3月から住宅の購入を検討する人が増えている中、AIを活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」を、2020年3月23日から開始しました。

従来、住宅ローンの正式審査の前に、申し込みがあった事前審査では、結果が出るまでに通常2~3日ほどかかっていたところ、「みずほ AI事前診断」では登録から最短1分で、ご希望の金額での借入ができる確率を確認できるといいます。

「みずほ AI事前診断」は24時間利用可能で、必要書類が揃っていなくても、条件が確定していなくても診断が可能です。また、みずほ銀行の口座がなくても利用することができます。

さらには、条件を変更して何度でも診断することができるため、最適な住宅ローンの計画を立てやすくなり、マイ ホーム探しがスムーズになるとしています。

また、正式審査の申込をする場合は、事前診断で入力した情報が引き継がれるこ とで入力の手間が省け、スムーズに審査を進めることも可能です。

みずほ銀行は「お客様の幅広いニーズや複雑な案件に対応する中で、それに比例して審査工程も複雑化し、審査担当者には高いスキルが必要になっていきました。」と、審査工程が複雑で対応が難しくなっていた背景から、スピーディな審査の実現に至ったとしています。

みずほ銀行はみずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社と実証実験を2018年10月に開始し、開発を進めてきました。今後は、さらなる精度の向上のため審査モデルのブラッシュアップに努め、マーケットの環境変化にも柔軟に対応出来るサービスの実現を目指すとしています。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

今、ホットなオンライン教育でのAI人材育成 – 日米での実態を比較

GPT-3にチューリングテストを試してみる

高度なデータの課題を解決するZOZOの分析本部 – 経営層と並走して課題と向き合う

ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に

画像データセットの収集方法を変える必要がある

2020年10月のAI関連イベントまとめ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/28更新】

言語処理でビジネスと医療の分野にアプローチ – 新型コロナウイルス感染症の研究にも着手

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも