HOME/ AINOW編集部 /「不動産コボット」中小企業に優しい導入コストゼロ!単純作業を自動化するRPA
2020.04.02

「不動産コボット」中小企業に優しい導入コストゼロ!単純作業を自動化するRPA

最終更新日:

ディップ株式会社が提供する「不動産コボット」の紹介ページです。

人的・資金的制限のある中小企業様でも導入ができるように開発されており、導入コストゼロで、最速即日利用が可能なのが特徴です。

サービス概要

不動産会社が日々行なっている単純作業を自動化するRPAです。

サービス詳細

不動産業界に特化したサービスで、新規物件情報の取得や前日までの申し込みや削除された物件情報、その他更新情報を自動で取得します。

取得したデータと既存のデータを自動で確認し、新規物件リスト、削除物件、更新更新情報を任意のデータ形式(エクセルなど)に自動入力します。人とは違い24時間稼働でき、作業ミスもなく新規物件確認などの単純作業を自動化できます。

これによって不動産会社は日々のルーティーンワークから解放され、お客様の接客業務や新規開拓など、付加価値の高い業務に集中することができるようになります。

機能一覧

■物件情報の取得・更新自動化
■電力検針の自動作成
■修繕依頼対応の自動化
■入居者の振り込みを自動で確認する「入金チェック」

画面サンプル

修繕依頼対応の自動化画面

「不動産コボット」を提供するディップ株式会社が目指す世界

ディップは、「バイトル」などの求人広告メディアを主軸とする従来の事業ドメインを拡大し、“Labor force solution company”へと進化することにより、求人広告を通じた人材採用の支援に加え、AI・RPA を活用したサービスの提供も行う『労働力の総合商社』を目指しています。

先端テクノロジーも活用し人手不足の解消を図ることで、ディップは日本の労働市場における諸課題の解決にさらに貢献することがディップのビジョンです。

料金

無料トライアルの有無

無料トライアルの有無

料金プラン

チームプラン:初期費用=0円、利用価格=月5万円
コーポレートプラン:初期費用=0円、利用価格=月10万円

他社サービスとの違い

人的・資金的制限のある中小企業様でも導入ができるように開発し、導入コストゼロで、最速即日利用が可能です。
月額費用のみで保守まで対応しており、サポート体制も充実しています。

導入事例・費用対効果

2時間の作業が5分に。 ルーティンワークからの解放。
株式会社ハウスパートナー
代表取締役 髙橋 憲 氏

不動産業では入居者募集のため、「新規物件の空室情報の取得」と「物件情報の更新確認」を毎日行う必要があります。この作業は、各事業者の「物件空室情報サイト」にログインをし、それぞれのサイトから新規物件や更新情報(家賃・駐車料など)を確認するため非常に時間がかかり、また転記ミスが起こることもあります。
弊社では、1社分の物件空室情報確認と、更新情報確認の作業を1人が1日約2時間かけて行っています。この作業を毎日2社分行うため、月換算すると約100時間以上の時間を割いていました。
現在では、この業務をロボットが代替しており、今まで約2時間かかっていた業務が5分で終了します。また、転記ミスもないため物件情報を迅速かつ正確に更新できるようになり、ルーティンワークから解放されたリソースを、お客様のために使えるようになりました。

簡単10秒!無料 資料ダウンロードフォーム

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

株式会社ABEJAはwithコロナの時代に即してオフィスを移転−社員のライフスタイルに合わせた勤務が可能に

伝説的ピアニストグレン・グールドの音楽表現を学んだAIがピアノ演奏を披露−世界最大規模のメディアアートの祭典でも会場を満員に

【G検定奮闘記】非エンジニア大学院生が、ゼロから一ヶ月でG検定に合格するまで

2020年8月のAI関連イベントまとめ【オンライン含】

AIセキュリティ超入門-イントロダクション~AIをとりまく環境とセキュリティ~

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/08/03更新】

世界初のAI恋愛ナビゲーションアプリが関東を中心に事前登録を開始−3つのナビゲーションで恋愛をアシスト

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求