HOME/ AINOW編集部 /立教大学とビズリーチが共同研究を開始 ー「キャリアにおける価値観」のAI解析がテーマ
2020.04.27

立教大学とビズリーチが共同研究を開始 ー「キャリアにおける価値観」のAI解析がテーマ

最終更新日:

立教大学大学院人工知能科学研究科と株式会社ビズリーチが、AIの社会実装を目的とした共同研究協定を締結したと発表しました。2020年4月30日より、共同研究を開始します。

立教大学は、教育現場改革だけでなく、ビジネスにおける AI の活用が重要と考え、日本初の AI に特化した大学院「人工知能科学研究科」を 2020年4 月に開設しました。産官学連携によって、ビジネスとAI 研究の接続強化を行っています。

▼立教大学大学院人工知能科学研究科について詳しくはこちら

今回の共同研究では、自社にAI 研究機関を持ち、ビジネスにおける AI 技術の活用実績がある
ビズリーチとの連携によって、より高度な AI を早期に社会実装することを目指すとしています。

この共同研究では、転職プラットフォーム「ビズリーチ」のデータを活用し、AI による「キャリアにおける価値観」の 発見を試みます。キャリアの選択の重要指標には、定量的に判断できる項目(年収、現業種・職種、勤務 条件など)だけでなく、仕事のやりがいや社風など、個人ごとに持つ定性的な項目(「個人の価値観」)も挙げられます。

この共同研究では、同研究科が注力するディープラーニングの先端研究を活用することで、これまで定量的に分析することが難しかった「キャリアにおける価値観」をAIで解析します。これにより、「ビ ズリーチ」において、従来の方法とは異なる、新たな転職のあり方を実現し、世の中のキャリアの選択肢 と可能性を広げ、サービスの体験向上を図るとしています。

この共同研究では、以下の3点を有効活用していくとしています。

  1. ビズリーチが10年以上運営をしている「ビズリーチ」のデータを安全 かつ円滑に利用できるよう、個人情報の仮名化やノイズ除去を行った高品質なデータ基盤
  2. ビズリーチに在籍するビッグデータを扱うシステム構築やサービス開発の知見を持つエンジニア、およびコンピューター・ サイエンスや理学分野の博士号取得者(ビズリーチの従業員の約 3 割は自社サービスのプロダクト開発を担うエンジニア)
  3. AI の最先端研究を推進する人材
    立教大学大学院人工知能科学研究科には、人工知能に関するさまざまな分野に強みを持つ教員が多数在 籍し、最先端の AI 研究を行うことが可能

また、この共同研究において、立教大学に対して、「ビズリーチ」の利用者から取得した個人情報の 受け渡しは一切行わず、仮名化した会員データを用いることでセキュリティ面にも配慮していくとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

【AINOWロゴがリニューアル】生成数は2000以上! AIでロゴ生成した裏側を全公開

野球もデータドリブンの時代に ー野球特化の姿勢推定AI「Deep Nine」がリリース 【プロ球団で試験導入】

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/06/01更新】

2020年6月のAI関連イベントまとめ

AI-OCRとBPOを組み合わせ一括した文書の電子化をサポートする「Documentation One」がリリース

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

ニュースは新型コロナウイルスに過剰反応しているのか?

東大・松尾氏とABEJA・岡田氏がDXをテーマに対談【6/5に無料開催】

スターバックスはコーヒー事業者ではない ― データテック企業なのだ

フォトラクションが5.7億の資金調達、AIを活用した建設特化BPOサービスの開発に着手