HOME/ AINOW編集部 /コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了
2020.05.26

コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了

最終更新日:

株式会社Cogent Labsは、海外大手銀行を引受先とする第三者割当増資、および株式会社日本政策金融公庫による資本性ローンを含む融資を受け、前半調達額と合計して21.8億円のシリーズCラウンドを完了したと発表しました。

引受先である海外大手銀行は、中東、ヨーロッパ各地に向け幅広い金融サービスを提供する銀行グループで、銀行名は伏せられています。

同社は、2015年よりAI技術の研究開発を進め、これまでAI OCRサービス「Tegaki」をはじめ、金融や自治体を含む幅広い業種業態にサービスを提供してきました。

新たに調達した資金は、自然言語処理プラットフォーム「Kaidoku」を中心とした業務効率化を推進するプロダクトの強化、および多言語対応による海外事業展開に使用されます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」