HOME/ AINOW編集部 /コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了
2020.05.26

コージェントラボ、総額21.8億円の シリーズCラウンドを完了

最終更新日:

株式会社Cogent Labsは、海外大手銀行を引受先とする第三者割当増資、および株式会社日本政策金融公庫による資本性ローンを含む融資を受け、前半調達額と合計して21.8億円のシリーズCラウンドを完了したと発表しました。

引受先である海外大手銀行は、中東、ヨーロッパ各地に向け幅広い金融サービスを提供する銀行グループで、銀行名は伏せられています。

同社は、2015年よりAI技術の研究開発を進め、これまでAI OCRサービス「Tegaki」をはじめ、金融や自治体を含む幅広い業種業態にサービスを提供してきました。

新たに調達した資金は、自然言語処理プラットフォーム「Kaidoku」を中心とした業務効率化を推進するプロダクトの強化、および多言語対応による海外事業展開に使用されます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】