HOME/ AINOW編集部 /数クリックでAI予測モデル構築が完了 ーExcelに特化したプラットフォーム「Forecasting Experience」が正式リリース
2020.05.26

数クリックでAI予測モデル構築が完了 ーExcelに特化したプラットフォーム「Forecasting Experience」が正式リリース

最終更新日:

株式会社クリーク・アンド・リバー社( C&R)のグループ会社 株式会社Idrasys(アイドラシス)は、 需要予測やスコアリング(成約予測など)ができるAIクラウドプラットフォーム「Forecasting Experience(フォーキャスティング・エクスペリエンス)」を5月26日(火)より正式販売を開始したと発表しました。

「Forecasting Experience」は、日常業務でデータ集計に利用されているExcelデータを直接的に活用できるプラットフォームです。 数値予測、 カテゴリー判定に特化してスピードアップを図った機械学習エンジンを使用することで、 モデル生成時間も含めて数時間かかっていたAI予測業務が10分程度で終わることを可能にしています。 柔軟なAPIにより業務システムに組み込むことも可能です。

また、同社は導入支援サービスも提供し、 顧客自身が AI予測業務を通じて、 業務の効率化の支援も行います。

活用場面例
  •  製造業、 小売業 「商品需要予測」
    商品需要を予測することで、 生産計画や仕入計画の立案業務の効率をアップ、 適正化による余剰在庫の削減
  • 業務センター 「請求書の正誤判定」
    大量の請求書の中からAIが間違いを含んだ請求書を判定することで業務効率アップ
  • マーケティング業 「優良顧客発見/コンバージョン予測」
    特定の商品を購入、 契約するかを、 過去のCRMデータから予測し、 契約確度が高い顧客を優先的に対応
  • 物流業 「出荷量予測」
    倉庫内スタッフのシフトの最適化、 倉庫内配置、 配送トラック計画などの最適化し業務効率アップ
  • コールセンター 「受電量予測」
    受電量を予測することでシフトを最適化し、 シフト作成時間、 人員配置最適化などを実現
  • 旅行・ホテル業「キャンセル予測」
    キャンセルする可能性を予測し、 予約量を適正化。 チェックアウト時間の予測による清掃員シフト最適化も
  • 店舗運営 「来店数/予約数予測」
    来店者数、 予約数などを予測することで、 シフトや仕入計画立案の業務効率をアップ、 適正化による余剰在庫の削減、 ダイナミックプライシング化の支援
  • 不動産業 「賃料予測」
    将来賃料がどのようになるかを予測し、 投資判断を支援
  • 小売・飲食業 「新規出店店舗の売上予測」
    新規に出店した際の売上見込みの予測し、 出店の可否判断を支援

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来