HOME/ AI.Accelerator /【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」12期デモデイレポート
2020.05.26

【リモート開催】AI特化型アクセラレーター「AI.Accelerator」12期デモデイレポート

最終更新日:

AINOW編集部こばやしです。今回は、日本初のAI特化型アクセラレータープログラム「AI.Accelerator」12期生(2020.3-2020.5)によるデモデイの模様をレポートします。

計48社の応募の中から採択されたAIスタートアップスタートアップ6社が集結!今回は緊急事態宣言解除直後の日程となったため、運営メンバーやAIスタートアップもzoom上での参加となり、多くのVC/エンジェル/支援家・メディアなど、約40名がzoomを使ってスタートアップ各社のピッチを見守りました。

※コロナウイルス対策の一環としてAIアクセラレーター12期デモデイは11期デモデイに引き続き、リモート開催いたしました。

▼ 参加者の方お願いします!デモデイアンケート

アクセラレーターMC(司会進行役)は、1〜11期のデモデイに引き続き田原彩香さん。田原さんは、ベンチャー企業のスタートアップ事業へ参画しながら、イベントのMCなどを中心としたタレント活動をしています。

ごあいさつ

ディップ株式会社 進藤圭

AI.Acceleratorを仕掛けたのは「バイトル」「はたらこねっと」などを運営するディップ株式会社。労働人口が減少し続ける日本に待ち受けのは、労働力不足で稼げない時代。その中で、人とAIを組みわせて労働力供給し、「AIがどこにでもある時代」を実現させたいという思いから、この取り込みをスタートさせました。

今回のプログラムは3月から5月の3ヶ月間に渡って全てオンラインで行われました。KPIを伸ばすメンタリングとアクションを設定する「Weekly Mentoring」、AI業界を牽引する専門家による「Tech Accelate」、おろそかになりがちな広報と採用をしっかりサポートする「PR/Recruit Accelate」、なんと営業同行まで行う「Sales Accelate」まで、スタートアップをすみずみまでサポートします。12期生たちは、ビジネスモデルにブラッシュアップを重ねて今回のデモデイに臨みます。

12期生によるピッチ

メディア運用AI:Posmoni


サービス概要
オンラインプラットフォーム上の不適切投稿をAIと人間のハイブリットな方法で、高速、低価格、高精度、スケーラブルなソリューションを提供するSaaSです。

商業施設、街づくりAI:IDEA counter


サービス概要
「IDEA counter」は、商業施設、各テナント、街づくりの課題を解決する多機能、低価格カメラソリューション。エッジコンピューティングAIカメラを調査したいポイントに設置していただき、カメラに給電するだけで各種調査・機能を自動化します。業務支援、マーケティング、接客支援、防犯などの効率化を実現します。

処方箋入力のオンライン代行:プレカル


サービス概要
プレカルは、薬局最大の事務作業である処方箋入力のオンライン代行サービスです。
薬局は処方箋を受け取るたびに紙から電子データに落とし込む処方箋入力という業務を行なっており、薬局の大きな負担になっています。
その処方箋入力をなくすため、薬局からプレカルに送信された処方箋の画像を元に遠隔で入力代行を行います。

ダイナミックプライシングAI:throough


サービス概要
throough(スルー)はネットショップを運営している事業会社が開発した、ネットショップ担当者(EC事業主)のためのダイナミックプライシングツールです。商品の需要と供給のバランスに応じて価格をリアルタイムに変更。

アジアSNSチャットAIコマース:hitobito


サービス概要
日系企業の台湾・中国向け通販を、AIを活用してのSNSチャットコマースで支援

世界で初めてAIを搭載したソースコード取引所:PieceX


サービス概要
『PieceX』はソースコード取引のためのWEBプラットフォームです。株式会社ONE ACTが独自開発をしたシステムで、価値あるソースコードを世界中のソフトウェア開発者が販売、または購入することを可能にしました。
スクリプト、アルゴリズム、プラグイン、テンプレート、アプリケーションなどのソースコードをあらゆるプログラミング言語で、部品単位で売買することができます。
購入したソースコードはそのまま、もしくは改変してエンジニア自身や企業のサービスシステムやソフトウェア開発に使用できます。
世界中のソフトウェア開発者が『PieceX』を通してソースコードをシェアリングしていくことはコストの大幅な削減だけでなく、サービス開発のハードルを下げることにつながります。
すでに『PieceX』は世界200カ国以上からアクセスがありますが、独自の開発力で、世界最大のソースコード取引所として「新たなイノベーションを生む世界標準のプラットフォーム」になることを目指しています。

デモデイの最後には集合写真の記念撮影です。

▼ 参加者の方お願いします!デモデイアンケート

参加企業募集中

なるべく多くのAIベンチャーを生み出していくべく常時募集をしてますので、こちらよりぜひご応募ください!

関連リンク

「AI.Accelerator」サイト
「AI.Accelerator」第1期(2017年6月〜9月)採択企業
「AI.Accelerator」第1期キックオフの模様
「AI.Accelerator」第1期デモデイ参加者の感想レポート
「AI.Accelerator」第1期採択企業のプログラム終了後の声を生のままお届け
「AI.Accelerator」第2期(2017年9月〜11月)採択企業

<採択企業への取材、本取組に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ>
ディップ株式会社 AI.Accelerator担当 e-mail: ainow@dip-net.co.jp

<本取組に関する記事用素材はこちらからお気軽にどうぞ>
プレスセンター

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来