HOME/ AINOW編集部 /中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用
2020.05.29

中外製薬とFRONTEOがライセンス契約、創薬プロセスにAIを活用

最終更新日:

中外製薬株式会社と株式会社FRONTEOが 創薬支援AIシステムの利用について、ライセンス契約を締結したと発表しました。

このライセンス契約に基づき、 FRONTEOが独自に開発した自然言語解析AI「Concept Encoder(conceptencoder: コンセプト・エンコーダー)」を用いた論文探索AIシステム「Amanogawa」および、 疾病メカニズムをパスウェイ状に可視化することのできる新規システム「Cascade Eye」が、 中外製薬の創薬プロセスに活用されます。

FRONTEOのライフサイエンスAI CTO豊柴 博義氏によるコメント

豊柴氏:FRONTEOの創薬支援AIシステムは、 研究者が知りたい情報や検証したい仮説を入力するだけで参照すべき論文や関連データを即時に表示することができるものです。 中でも新規に開発された「Cascade Eye」は疾病に関係するさまざまな分子や遺伝子等の情報を客観的に解析し、 その情報をパスウェイマップ状に可視化することのできる画期的なシステムです」と述べ、 この度のコラボレーションに対して「中外製薬とFRONTEOの技術を掛け合わせることで、 個別化医療やアンメットメディカルニーズ※の高い疾病に関するイノベーションの創出につながると考えます。

※アンメットメディカルニーズ:有効な治療方法が見つかっていない病気に対する、 新しい治療薬や治療法への強い要望

中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT統轄部門長の志済 聡子氏によるコメント

志済氏:中外製薬は、 『CHUGAI DIGITAL VISION 2030』の下、 当社の経営戦略に沿った独自のデジタル・トランスフォーメーションを進めています。 中でも当社の企業価値の源泉である創薬研究におけるAIの活用は、 最も重要なテーマの一つです。 疾患理解の深化、 これまで見つからなかった病気の原因やバイオマーカーの同定にFRONTEOのAI技術を最大限に活用することにより、 革新的新薬の創出に向けて期間の短縮、 成功確率の向上、 プロセス全体の効率化を推進していきます。

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来