HOME/ AINOW編集部 /渋谷センター街でAIを活用した通行量調査が開始 -商店街の活性化に活用
2020.06.17

渋谷センター街でAIを活用した通行量調査が開始 -商店街の活性化に活用

最終更新日:

Intelligence Design株式会社は、エッジAIカメラを利用した通行量調査 サービス「IDEA counter」を渋谷センター商店街に設置すると発表しました。渋谷センター商店街振興組合と協力し、商店街における通行者の人数調査に関する実証実験を開始します。

同社はこれまでも通行量調査にAIを活用しています。2020年4月、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響を受け、東京 原宿エリアの通行量が約90%減少したと発表しました。

今回の取り組みの背景には、通行量調査の「コスト」や「非効率さ」の課題があります。街づくりに活かすために、各自治体や各組合が通行量調査を行っていますが、人的作業で行うことが基本となっているからです。

この課題に対してIntelligence Designは、エッジAIカメラサービス「IDEA counter」を開発しました。

これまでも首都圏ビルや商店街などに導入を進めてきており、今回も渋谷センター街の通行量調査のために「IDEA counter」を導入し、実証実験を行います。

具体的には商店街に2台のエッジAIカメラを設置。画像解析技術を使って歩行者の人数や属性を推定します。また、時間ごとの傾向を分析して同商店街の活性化策に資するデータ取得を行うとしています。

IDEA counter」は通行量調査に特化し、多機能・低価格を売りとしたサービスです。ユーザは、エッジAIカメラに給電するだけで簡単に設置できるため、迅速に導入が可能です。

調査項目は

  • 通行者数
  • 属性推定
  • 持ち物推定
  • 侵入検知

があり、顧客のデータ取得、マーケティング、接客支援、防犯にも実現可能です。

人数カウントなどを推定する機能はカメラ側に搭載しており、顔画像などの個人を特定できる情報をクラウド側に保管せず、プライバシー保護に配慮されています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」

あなたにおすすめの記事

日本DXのアイキャッチ

日本のDX推進状況はいかに|世界のDXと日本を比較

業界別DX推進状況|成功事例、メリット、これから伸びる企業とは

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/12/06更新】

DX ロードマップのアイキャッチ画像

DX推進時のロードマップ作成法|実用的なフレームワークも紹介

JASAIが第2回インダストリアルAIシンポジウムを開催|製造業で活用されるAIの最新事例やDXの取り組みを発表

フォークリフトの操作を定量評価|危険操作を検知する「安全荷役AI フォークバディ」