HOME/ AINOW編集部 /リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減
2020.06.26

リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減

最終更新日:

データアーティスト株式会社は、社内研究プロジェクトによりリアルタイムモザイクAIを開発しました。

リアルタイムモザイクとは、動画を撮影しながらそのまま人物の顔部分にモザイク処理を実行し、動画保存を行う技術です。

人物の骨格検知AIを用いた画像解析により、正面だけでなく横向きの画像も認識し人の顔部分にリアルタイムでモザイク処理を行うことができます。

この技術により、撮影後の編集負荷を削減できるだけでなく、人物非特定化への配慮が必要であったリアルタイム中継などの撮影ハードルを下げることが可能になります。

リアルタイムモザイク実用結果サンプル

使用想定シーン
  • YouTubeなどのライブ配信において観衆の顔をモザイク化
  • 報道番組などの中継に映り込む人物の顔をモザイク化
  • 天気予報、キャスターによるレポート、情報番組の店舗行列などの中継シーンを想定
  • 交通量調査などの調査映像に映り込む人物の顔をモザイク化

同社は今後、放送局や番組制作会社、コンテンツメーカーなどを中心に技術提供を行っていく予定としています。

▼実際の動画サンプル

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験

CEATECと日経新聞主催のAIや交通技術がテーマのイベントが連携し、一大イベントが10月に開催!

アマゾンがAIを活用したコードレビューツール「CodeGuru」を一般提供開始

データサイエンティストの平均年収、必要条件、採用要件を可視化 ー60万件の求人票を分析

チャットボットは人になりすませるか?明智光秀AIから考えるAIの未来