HOME/ AINOW編集部 /リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減
2020.06.26

リアルタイムモザイクAIが登場 ーライブ配信での撮影ハードルが低減

最終更新日:

データアーティスト株式会社は、社内研究プロジェクトによりリアルタイムモザイクAIを開発しました。

リアルタイムモザイクとは、動画を撮影しながらそのまま人物の顔部分にモザイク処理を実行し、動画保存を行う技術です。

人物の骨格検知AIを用いた画像解析により、正面だけでなく横向きの画像も認識し人の顔部分にリアルタイムでモザイク処理を行うことができます。

この技術により、撮影後の編集負荷を削減できるだけでなく、人物非特定化への配慮が必要であったリアルタイム中継などの撮影ハードルを下げることが可能になります。

リアルタイムモザイク実用結果サンプル

使用想定シーン
  • YouTubeなどのライブ配信において観衆の顔をモザイク化
  • 報道番組などの中継に映り込む人物の顔をモザイク化
  • 天気予報、キャスターによるレポート、情報番組の店舗行列などの中継シーンを想定
  • 交通量調査などの調査映像に映り込む人物の顔をモザイク化

同社は今後、放送局や番組制作会社、コンテンツメーカーなどを中心に技術提供を行っていく予定としています。

▼実際の動画サンプル

▼YouTubeでも解説!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと

あなたにおすすめの記事

DXを進めるにあたって大切なERP、AI活用で広がる可能性

適合率と再現率:映画『メン・イン・ブラック』を使った説明

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/26更新】

中国、敵艦に魚雷を発射するAI搭載のロボットドローンを発表

機械学習業界で働き始めて3年目の初心者への(技術的)アドバイス

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2021/07/19更新】

データサイエンスの修士号を取るべきではない理由

デジタルを“使う”人材育成の加速へ 日本企業が持つべき「DXマインド」とは|JDLA特別顧問 西山 圭太氏 講演レポート

Kaggleで世界ナンバーワンになるために必要なこと