HOME/ AINOW編集部 /688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン
2020.07.03

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

最終更新日:

株式会社トライアルカンパニーは、「スーパーセンタートライアル長沼店」を関東初のスマートストアとして、2020年7月3日にリニューアルオープンしました。

トライアル長沼店には、以下の2つのAI技術が導入されました。

  • セルフレジ機能を搭載した「スマートショッピングカート」
  • AIカメラ

トライアルは、日本の小売流通業界にリテールAIを導入し変革をもたらすため、これまでも「スマートショッピングカート」や「AIカメラ」などのデバイスを開発してきました。また、これらを活用することで九州でスマートストアを展開し、メーカー・物流会社などとの取り組みを行っています。

さらに、2019年には流通小売業界へリテールAIの導入を推進する『リアイル』というプロジェクトを結成しました。トライアル長沼店は、そのプロジェクトの旗艦店として機能するため、リニューアルされました。

トライアル長沼店に導入されたAI技術について紹介します。

スマートショッピングカート

カートに付属するタブレット端末を操作することで、通常のレジをスルーし、ボタン一つで会計を済ませることができます。これにより、レジの待ち時間の解消や、レジスタッフの人手不足を解消します。

また、売場で商品をスキャンすることで、商品に応じたレコメンド機能やその場で使えるクーポンを表示し、買い物の仕方を提案することができます。

このショッピングカートは、すでに19店舗で計約2,000台が導入されています。しかし、このトライアル長沼店のショッピングカートは、新たにレシピ機能が搭載されています。売り場でスキャンした商品に合わせたレシピを提案してくれるのです。

AIカメラ

トライアルに導入されたAIカメラは、トライアルグループが独自開発した、世界初の小売に特化したAIカメラです。現在6店舗で計2,400台が稼働しており、トライアル長沼店では、688台のAIカメラが導入される予定です。

このAIカメラは、人物カウントや商品認識などの小売に特化したAIを搭載していて、商品棚の欠品情報や店内の人の流れをデータ化し分析します。

これにより、集まったデータは欠品を起こしにくい「商品棚づくり」や、人の流れを研究しより良い店内環境づくりの為に役立てられています。

『リアイル』というプロジェクトの参画企業の各社は、トライアル長沼店を中心にリテールAIを活用したさまざまな取り組みを展開する予定です。

スーパーセンタートライアル長沼店 概要

住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町71
店舗面積:1455坪
取扱商品:生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品、他
営業時間:24時間営業(年中無休)
※サービスカウンター:9時30分~22時
※カー用品:9時30分~22時
※ドラッグ:9時~23時
電話番号:043-216-0160

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

株式会社ABEJAはwithコロナの時代に即してオフィスを移転−社員のライフスタイルに合わせた勤務が可能に

伝説的ピアニストグレン・グールドの音楽表現を学んだAIがピアノ演奏を披露−世界最大規模のメディアアートの祭典でも会場を満員に

【G検定奮闘記】非エンジニア大学院生が、ゼロから一ヶ月でG検定に合格するまで

2020年8月のAI関連イベントまとめ【オンライン含】

AIセキュリティ超入門-イントロダクション~AIをとりまく環境とセキュリティ~

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/08/03更新】

世界初のAI恋愛ナビゲーションアプリが関東を中心に事前登録を開始−3つのナビゲーションで恋愛をアシスト

LINEがAIブランドを「LINE CLOVA」に統一 -議事録生成ツールの構想も発表【LINE AI DAY】

まだ間に合う!「Deep Learning Digital Conference」 が明日開催!Google BrainのShane Gu氏も登壇

あらゆる機械の自動化に挑むDeepXが総額16 億円の資金調達 ー少数データ学習や説明可能性、現場での頑健性をさらに追求