HOME/ AINOW編集部 /PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材
2020.07.06

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

最終更新日:

株式会社Preferred Networks(PFN)は、ディープラーニングなどのAI技術の実用化が進むこれからの時代に不可欠な論理的かつ創造的な思考力を育み、世界レベルで活躍できる人材の育成を目指してコンピュータサイエンス教育事業を立ち上げると2020年7月6日に発表しました。

その第1弾として、PFNは小学生から始めるプログラミング教材「Playgram(プレイグラム)」を開発しました。

【Playgramの画面】ビジュアルプログラミングから始め、理解度に応じてテキストコーディングまで学習可能

総合教育サービス事業を展開する株式会社やる気スイッチグループと提携し、2020年8月より、プログラミング教室パッケージとして首都圏の3教室での対面授業および家庭でのオンライン授業に順次導入されます。

Playgramは、米国のコンピュータサイエンス教育のガイドラインであるK-12 Computer Science Frameworkを参考にした本格的なプログラミング教材として、AI技術開発の第一線で活躍するPFNのエンジニアが開発しました。

「楽しみながら学ぶ」「創造力を働かせて作る」というPlaygramでの学習体験と、やる気スイッチグループが長年培ってきた子どものやる気を引き出す指導メソッドとを組み合わせることで、子どもたちが将来のアプリケーション開発に生かせるスキル、課題解決力、自由な創造力を身に付けることを目指すとしています。

【Playgramの特長】
  1. プログラミングの基礎から実践的なテキストコーディングまで
    ビジュアルプログラミングから始め、タイピング、プログラミングの基礎、Pythonによるテキストコーディングまで、子どもの理解度と意欲に応じて段階的に学習可能
  2. 自由度と表現力のある3Dグラフィックを採用
    ゲームやARに欠かせない3Dグラフィックを採用。ロボットを動かしたり空を飛んだり、プログラミングを駆使して課題解決する面白さを体感しながら、自由な表現力、空間認識能力を身につけることが可能
  3. 学習最適化機能と充実の解説機能
    学習データから一人ひとりの得意や苦手分野を見抜き、学習状況を「見える化」してリアルタイムで共有。進捗に応じた最適な学びをカスタマイズ。プログラミング経験のない講師・保護者でも学習指導可能。

また、将来的には、PlaygramをAR、IoT、AI技術等も組み込んだ、プログラミング教育のプラットフォームに成長させていく予定です。

▼Preferred Networks 代表取締役 最高経営責任者 西川徹氏のコメント

私たちは、将来、さらにコンピュータが進化した時代において、その進化を脅威ではなく、大きなチャンスとして捉えられるような社会の実現を目指しています。

 

そのためには、次世代を担う子どもたちに、幼少期から本格的なプログラミング技術にふれ、論理的かつ創造的な思考力を身につける機会を提供することが不可欠です。

プログラミングの楽しさ、モノを創り、課題解決する面白さを伝えていくことは、最先端のコンピュータサイエンスに携わるPFNだからこそできると考えています。

一方、やる気スイッチグループには、長年にわたり一人ひとりの子どもと向き合い、やる気を引き出すノウハウをもって、さまざまな学習分野を探求してきた実績があります。プログラミングはイマジネーションを爆発させる手段です。

すべての子供たちがその力を身につけることができるよう、両社の強みを活かしてまいります。

▼やる気スイッチグループ 代表取締役社長 高橋 直司氏のコメント

やる気スイッチグループは、子どもたちのさまざまな能力を開発し、未来の可能性を拡げるために、20年ほど前から多様な学習分野を探求してきました。

 

当社は現在、国内有数の規模を誇る個別指導学習塾に留まらず、知能育成(知育)や英語、スポーツ教室、バイリンガル幼児園まで幅広いスクールブランドを展開しています。

Preferred Networks 社のPlaygram は、プログラミングの入門から本格的なプログラミング習得までの広い視野に立って開発された教材で、子どもたちの自発的な学びを促す要素が豊富に盛り込まれています。この画期的なプログラミング教材は、子どもたち一人ひとりの個性に合わせて才能を伸ばし、成功体験を重ねることで自律的に学ぶことを目指す、当社の指導メソッドと合致しています。

子どもたちの未来の可能性を拡げる選択肢の一つとして、このプログラミング学習を当社のおよそ11万人の会員をはじめ、より多くの子どもたちに届けたいと考えています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

あなたにおすすめの記事

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか