HOME/ AINOW編集部 /LINEが美容ポータルサイト「lacore」をオープン−300以上の店舗からAIが自分にマッチしたコスメ・美容情報を提案
2020.08.11

LINEが美容ポータルサイト「lacore」をオープン−300以上の店舗からAIが自分にマッチしたコスメ・美容情報を提案

最終更新日:

LINE株式会社は、自分にマッチしたコスメや美容情報が簡単に見つかる美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」を2020年8月11日にオープンしました。

今回、新たに開始する美容ポータルサイト「lacore(ラコレ)」は、自分にマッチした化粧品や美容情報などをLINEから簡単に見つける事ができます。

イエローベース、ブルーベースなどのパーソナルカラーや肌質、年齢など登録時に入力した情報やサイト内の行動履歴に応じて、AIがユーザーの好みにあった商品やコンテンツをパーソナライゼーションして提供していきます。

また、商品ごとの口コミやレビューなど、利用者のリアルな声を事前に確認する事ができます。

さらに、お気に入りの商品やブランド、ビューティコラム等を「My lacore」と呼ばれるブックマークページに保存する事もできるので、自分だけのオリジナルの美容ブックを簡単に「lacore」内に作成する事も可能です。(※スマートフォンでのみ、閲覧が可能です)

LINEでは、「CLOSING THE DISTANCE」というミッションのもと、「LINE」を入り口として、オンライン・オフライン問わず、24時間365日いつでもどこでも、人・情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、全てが完結する「スマートポータル戦略」を展開しています。

2017年にスタートしたショッピングサービス「LINEショッピング」では、現在会員数が3,500万人を突破、3億点以上の商品を取り扱っています。参画ショップ数も300店舗以上に及ぶなど、ユーザーと店舗との多くの出会いを創出しています。

また、参画ブランドには、国産ミネラルコスメ「エトヴォス(ETVOS)」や「UZU」、オーガニックヘアケアブランド「john masters organics」、韓国コスメブランド「MISSHA」、EC限定の新ブランド「SKIO」など合計14ブランドの商品を展開しています。

今後も人気のコスメブランドが多数参画を予定しています。

昨今の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、化粧品販売店舗では、購入前に化粧品を自分の顔や肌に試しに塗ってみる事ができる“タッチアップ”の行為を現在禁止している店舗が多くなっています。

それにより、「自分の肌やテイストにあった商品を選択できるか不安」といった声も多く上がっています。

これからは、購入前に欲しい商品のサンプルを受け取る事ができる機能も追加予定です。

それにより自宅で自分の肌に合うかどうか、事前にタッチアップができる他、化粧品販売店舗のカウンセリング予約やLINE電話を活用した美容エキスパートとの1 対1相談も可能になる予定です。

今後もLINEは、同社の特性を活かしオンライン・オフライン問わず、シームレスな購買体験の提供を目指すとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

アイキャッチ

CRM導入事例 導入成功のためのポイントを解説

CRM ツール 比較

CRM比較40選!導入メリットから選定ポイントまで紹介!

無料CRM(顧客管理)サービス 徹底比較!サービスの選び方も解説

CRM メリット・デメリット

CRMシステムのメリット・デメリット システム運用のために解決すべきこと

「CRM ツール」

CRMとは?概要や活用法、SFAとの違いなどを説明

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

あなたにおすすめの記事

アイキャッチ

CRM導入事例 導入成功のためのポイントを解説

CRM ツール 比較

CRM比較40選!導入メリットから選定ポイントまで紹介!

無料CRM(顧客管理)サービス 徹底比較!サービスの選び方も解説

CRM メリット・デメリット

CRMシステムのメリット・デメリット システム運用のために解決すべきこと

「CRM ツール」

CRMとは?概要や活用法、SFAとの違いなどを説明

M&A総研がPKSHA Technologyと業務提携 ーAIにしかできない異業種マッチングの促進を目指す

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ