HOME/ AINOW編集部 /グローバルウォーカーズがPIXTAと業務提携 -商用可能なデータセットの販売を開始
2020.08.19

グローバルウォーカーズがPIXTAと業務提携 -商用可能なデータセットの販売を開始

最終更新日:

機械学習向け教師データ作成サービス「Annotation One」を提供するグローバルウォーカーズ株式会社は、機械学習用の教師データ作成サービスの販売強化のため、ピクスタ社が運営するコンテンツ素材のマーケットプレイス「PIXTA」上の人物などの画像データをクライアント企業の要望に合わせて教師データとして作成し、販売を開始しました。

この業務提携により、クライアント企業に対して要望の会った人物を主とした「画像収集」と、アノテーションされた「画像データ」をまとめて短期間で提供できるようになります。また、商用可能な人物画像の収集に課題をもっている多くのクライアント企業にとって、有効な教師データ収集手段となり、機械学習の開発スピートの向上が可能になります。

同社によると、AI開発プロジェクトにおいて継続的なアノテーション作業が必要なクライアント企業向けに、専用のアノテーターが利用できるラボ型アノテーション「GWラボ」も用意。同社のミャンマー法人で畝にされる「GWラボ」は、安価かつ熟練したあのテーターによる高品質なアノテーション作業を提供していくとしています。

【アノテーションイメージ】
※画像提供:ピクスタ社「PIXTA」

・外接矩形用データ(Bounding Box)

対象となる物体に対して外接矩形の情報を付与します。 人物の場合は、 顔・体・全身などのクラスごとに矩形を付与することができます。 機械学習では幅広い分野で利用されている手法です。 自動運転、 セキュリティ、 製品の外観検査、 農業、 WEB上での画像による検索など多岐にわたります。

・領域分割用データ(Semantic Segmentation)

1画素単位でどの物体のカテゴリーの範囲であるのかを取得するためのアノテーション手法です。自動運転、 ロボティクス、 医療診断画像など人体検知のほか、 工業製品検査、 土木建設現場などの高精細な情報を必要とする分野で多く利用されています。

・姿勢推定用データ(Key Point)

人物の骨格に合わせてポイントをアノテーションします。 スポーツ・医療・ヘルスケア・駅空港などの分野で効果が期待されます。

同社は、クライアント企業からの要望に合わせた教師データセットのカスタマイズ販売を皮切りに、 今後の展開として、 汎用的に利用可能な両社オリジナルのデータセットのパッケージ展開も検討しています。

また、「PIXTA」の特徴でもある人物画像を用いて、 自動運転、 スポーツ、 医療ヘルスケア、 外観検査など多岐にわたるパッケージ展開も視野に、 検討していくとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

今、ホットなオンライン教育でのAI人材育成 – 日米での実態を比較

GPT-3にチューリングテストを試してみる

高度なデータの課題を解決するZOZOの分析本部 – 経営層と並走して課題と向き合う

ZOZOが「WEAR」に「類似アイテム検索」を導入 ー類似商品を検索可能に

画像データセットの収集方法を変える必要がある

2020年10月のAI関連イベントまとめ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/28更新】

言語処理でビジネスと医療の分野にアプローチ – 新型コロナウイルス感染症の研究にも着手

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも