HOME/ AINOW編集部 /AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催
2020.11.16

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

プラットフォームを構築し、機械学習などのデータサイエンスを誰でも使える世界を目指すDataRobot Inc.が主催する『AI Experience Virtual Conference』が12月9日(水) 〜10日(木)にオンラインで開催されます。

AI Experience は2017年に日本で始まり、現在ではアメリカではボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、ヨーロッパではロンドン、アジア/太平洋地域では、シンガポール、シドニーで開催されているグローバルイベントです。先進的な企業がAIをどのようにビジネスに活用しているのかを事例と共に紹介し議論するイベントで、東京では2017年に約900名、2018年に2,100名以上、2019年には3,000名以上が参加しています。

『AI Experience Virtual Conference』は2020年7月にもオンラインにて開催されました。新型コロナウイルスによる大きな社会環境の変化の中で、組織はどのようにAIを活用、運用していくべきなのかについてさまざまな有識者が活発な議論を繰り広げました。また、DataRobotの提供するAIプラットフォームをトライアルできるセッションも実施され、AIの価値をオンラインで体感できるイベントとして好評を博しました。

そこで、今年2度目の『AI Experience Virtual Conference』が12/9・12/10の2日間に渡って開催されることとなりました。

今回の『AI Experience Virtual Conference』のテーマは、Day1:ものづくりAI Day2:大変動の時代を乗り越えるAI需要予測です。さまざまな業界でAI活用を推進しているキーパーソン達が登壇します。

基調講演として、12/9にはヤマハ発動機株式会社の平野 浩介 氏・大西 圭一 氏が、12/10には一般社団法人リテールAI研究会の田中 雄策氏が登壇し、AI・DXの現状や可能性について講演します。

※2020/11/13時点(登壇者は随時更新されています。)

また、両日の最後には参加者同士での交流スペースやDataRobot社員へ個別相談ができるバーチャルネットワーキング会場が用意されています。ウェブ会議ツール『Remo』を用いて行われる予定で、AIビジネスを始めることを検討している方は貴重な情報交換の場となるでしょう。

こちらのイベントは事前予約制です。(参加費無料)

イベント概要

イベント名 :AI Experience Virtual Conference -劇的な変化の今、AIでビジネスの現場が加速する-

主催:DataRobot, Inc.

日  時 :2020年12月9日(水)13:00〜10日(木)16:10

開催方法:オンライン

参 加 費 :無料(事前登録制)

イベント公式HP:https://aiexperience.datarobot.com/home

 

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化