HOME/ AINOW編集部 /ディープラーニングによる自動コーディングのTsunagu.AIが1億円の資金調達を実施
2020.12.03

ディープラーニングによる自動コーディングのTsunagu.AIが1億円の資金調達を実施

株式会社Tsunagu.AIが、株式会社ANOBAKA、East Ventures、DNX Venturesなどを引受先として、J-KISS型新株予約権方式により、総額1億円のプレシリーズAラウンドの資金調達を実施したと発表しました。

同社が提供するWebエンジニア向けローコードサービス「FRONT-END.AI」は、2019年4月のクローズドβ版のリリース以降、Web制作会社・広告代理店を中心とした企業への導入が進んでいます。

複数のディープラーニングのモデルを独自に結合し、フロントエンド開発に特化した学習を行ったAIにより、ページ全体のデザインカンプ(jpg)と、Web用素材をアップロードするだけで、HTMLの構造および、デザイン要素の分析を行います。

分析結果から自動でコーディングを行うことで、開発初期工程にかける時間を大きく削減可能です。

「FRONT-END.AI」イメージ

「FRONT-END.AI」イメージ

削減した時間で、Web制作会社が多くの案件を受注し、売上の最大化を追求や、自社のエンジニアが最新言語の学習など成長する機会を提供し、長期的な利益最大化を目指す取り組みを行えます。

同社は、今回の調達資金により、「FRONT-END.AI」のさらなる機能開発、機械学習エンジニア、カスタマーサクセス領域などの採用強化をしていく予定です。

割当先概要
  • 株式会社ANOBAKA (旧社名:株式会社KVP)
  • East Ventures
  • DNX Ventures (*継続出資)
  • NOW株式会社 (*継続出資)
  • 日本スタートアップ支援1号ファンド (日本スタートアップ支援協会、フューチャーベンチャーキャピタルが運営)
  • 個人投資家

株式会社Tsunagu.AI 代表取締役 兼 CEO 森 隆晃氏

FRONT-END.AIは、20年変わっていないWebサイト開発の属人的な工程をアップデートするWebエンジニア向けローコードサービスです。

 

今回のラウンドでは、Webサイト開発の単純作業をなくすというプロダ クトビジョンに賛同頂き、既存投資家のDNX Ventures、NOWに加え、ANOBAKA、EastVentures、日本スタートアップ支援1号ファンド、個人投資家 の皆さんに参加いただきました。大変嬉しく思います。

今回調達した資金は、2025年にフロントエンド開発をすべて自動化していくことをミッションに、プロダクトをより顧客企業の皆様が持つ課題を解決する素晴らしいものへと進化させるべく人材/開発投資をしてまいります。

【投資家によるコメント】
萩谷 聡 氏(株式会社ANOBAKA/パートナー)/葛西 飛鳥氏(株式会社ANOBAKA/アソシエイト)

現在のWeb開発ではフロントエンドのコーディングに工数、精度共に大きな課題があると思っております。FRONT-END.AIのデモを見た時にまさにその問題を解決し、今後のWeb開発のスタンダードになり得るソリューションだと感じ、投資を決定いたしました。エンジニアとデザイナーの架け橋になるサービスとして日本、そしてグローバルへ発展していくことを期待しています。

金子 剛士 氏(East Ventures/パートナー)

SprintというスタートアップコミュニティをVCの友人達と運営していて、その第3回に参加されていたのが森さん率いるTsunagu.AIです。当時から素晴らしい会社だと思っていたので、今回ご一緒する機会をいただけて非常に嬉しいです。しばらくぶりに会った森さんがサービスの成長と共に以前と比べて一回り大きく見えました。精一杯支援できたらと思います。

倉林 陽 氏(DNX Ventures/Managing Partner, Head of Japan)

Tsunagu.AIには、2019年7月にシード投資させて頂いて以来、今回2度目の出資をさせて頂きま した。ノーコード・ローコード系サービスが注目される中、FRONT-END.AIは、AIを活用しWEB制作におけるプログラミングを低減、ほぼ不要にするローコード系クラウドソフトを提供し、WEB制作会社様、ネット系広告会社様を中心に高い評価を受けてきました。日本発のAIを活用したWEB制作クラウドソフトとして、日本のWEB制作のDXを牽引する存在となることを期待しています。

梶谷 亮介 氏(NOW株式会社/GENERAL PARTNER)

2018年11月のシード投資に続き、この度、追加出資をさせて頂きました。ローコード系サービ スの将来性については他のご出資様も触れてますので割愛しますが、初回投資から約2年間、代表の森さんとお付き合いをさせて頂く中で、森さんの当該領域の課題に対する思いの強さ、そして、着実にその課題解決に向けて歩みを進める姿は大変印象的で、会社としても経営者としても素晴らしく成長されたと僭越ながら感じております。Tsunagu.AIの今後の更なる成長を楽 しみにしております。

岡 隆宏 氏(日本スタートアップ支援1号ファンド)

法人向けWebサイト開発の業務は繰り返し作業の連続ですが、FRONT-END.AIで自動化するこ とで、エンジニアのキャリアアップを加速させるプロダクトになると確信して投資を決定しま した。今後森社長には、デザイン会社出身経営陣による直感的で使いやすいユーザーインターフェースの実現、またエンジニアが作業をしやすいコードを生成することで、Webエンジニアの創造性を最大限発揮できる世の中に変えていくことを期待しています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

あなたにおすすめの記事

UXなしに2021年のAIは成長しない|UXドリブンなAI導入の3つのポイント

エレベーターまでレコメンド – 1,000個のセンサーと技術で進化する東京ポートシティ竹芝

AIベンチャー企業、エクサウィザーズが急成長できたワケ

2021年のAIは言語処理の発展と「他の技術との組み合わせ」の加速 |JDLA理事長 松尾豊氏

業界の著名人13人による2020年のAI業界の動向まとめ – コロナ禍で日本のAIは加速した!?

名目だけの産官学連携から脱却へ。日大文理学部に研究センターが設立、サイバーエージェントらがパートナシップ締結

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/12/21更新】

機械学習プロジェクトはなぜ失敗するのか

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化