HOME/ AINOW編集部 /AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化
2020.12.21

AIによる話し方解析アプリ「Steach」がリリース ー話す速度や姿勢、瞬きなどを定量化

最終更新日:

株式会社エフィシエントは、AIによる話し方を解析するアプリケーションSteachをリリースしました。現在エフィシエントは、Steachの実証実験に参加したい企業を募集しており、まずライト版の体験を推奨しています。

Steachは話している様子をスマホやPCで撮影すると、AIエンジンが動画を解析&評価してくれるアプリです。主観的な感覚のみでなく客観的な評価を得ることで、「話し方」の効率的な改善を支援します。Steachは、撮影された動画を機械学習によって解析でき、動画から「話す速さ」「姿勢」「手の動き」「視線」「瞬き」を解析して定量化可能です。マイクをオンにすれば話している内容のテキスト化も可能です。

​Steachは単純に話し方のトレーニングをするだけでなく、学習の理解度の確認や面接などの練習にも利用可能です。

企業研修の顧客対応トレーニングなどは、教育担当者/講師からのレクチャーによるインプットに偏りがちです。Steachならば、学んだ内容を質問として受講者に投げかけることで、受講者が自ら考えて回答をするトレーニングを繰り返すことが可能になります。従来のインプット重視の学習からアウトプット重視の学習の変化することが可能です。また、教育担当者/講師は受講者1人1人の回答を順番にチェック&フィードバックすることができるため、1対多の研修においても有効です。

採用する企業側は、一人ひとり丁寧に面接をしていくだけでも非常に大変です。そのためSteachを活用して、採用効率を高めることが可能です。採用面接を受ける側は、採用でよく見られる視線や姿勢、身振りの外部的な印象と話すスピードや内容などの話し方自体をSteachを活用することで効率的にトレーニングできます。

株式会社エフィシエントは、Steachを使った以下のような実証実験先企業を募集しています。

  • アプリケーションの機能面についてフィードバックを頂ける企業
  • 研修や教育効果を高められるかの検証を行って頂ける企業
  • 面接の練習等に活用頂ける法人、大学等

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面