HOME/ DXNOW /【簡単理解】予算管理とは?効率化に必要なポイントまで詳しく解説!
2021.05.28

【簡単理解】予算管理とは?効率化に必要なポイントまで詳しく解説!

最終更新日:


予算管理とは、作成した予算を適切に計算し数値としてまとめて、実績と比べて計画を調整することです。

しかし、具体的な内容や目的を知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、予算管理とはなにか?という概要や効率化に必要なポイント、実際のシステムまで詳しく解説していきます!

こんな人におすすめ

  • 予算、予算管理について分かりやすく知りたい
  • 予算管理を効率化したい

予算管理とは

予算管理とは、経営管理の一つであり企業に利益を生み出すために達成目標を数値化して、適切に管理することです。
企業は短期・中期・長期でそれぞれの目標を決め、決算に合わせて予算を作成します。予算は「売上目標」や「利益目標」とも呼ばれ、対象に応じて4つに分かれます。

  • 売上予算

利益を得るための指標。売上目標

  • 原価予算

製品やサービスの提供に必要な原材料の見積もり

  • 経費予算

継続した企業活動に必要な費用の見積もり(人件費や広告費)

  • 利益予算

売上から原価と経費を差し引いた会社の利益

予算を作る際は、トップダウンとボトムアップの2つの方法があります。

  • トップダウン

経営計画など上層部の意思決定に基づいて下部組織に指示する方式

  • ボトムアップ

現場から上位へ発議することで意思決定される方式
どちらか一方だけで実効性のある計画の作成は難しいため、一般的には両方を組み合わせた予算編成方法が取られています。
予算管理の一般的なフローは以下の図の通りです。

まずは予算方針の発案から始まり、予算編成部門で具体的な方針を決めます。

各部門の予算案を作成後各部門の予算案を予算編成部門で取りまとめて総合案を作り、上層部の承認が下りたら各部門で予算を実行する流れです。

予算管理が必要な理由とメリット

具体的な数値目標の全体共有

経営方針の策定だけでは、どのように達成するかの道筋が明確ではなく会社としての目標を達成できません。

そこで経営計画を予算として数値化すれば、会社全体としての目標だけでなく、実際の部署の達成目標が明確になるため従業員のモチベーションが向上します。

経営資源の効率的配分

経営資源は有限であり、どの分野にどの程度予算をかけるかの分析は企業の継続のために必要です。
経営計画を見直し、効率的な経営資源分配はさらなる企業利益をもたらします。

経営の安定化

適切な予算管理は企業の損失拡大の防止につながります。
目標達成に向けたプロセスの改善や課題点の早期発見により、大きな損害を未然に防ぎ会社全体としての経営の安定化を可能にします。

効率化のために必要なポイント

適切な知識とスキルを持った予算管理担当者の起用

予算管理の最大の目標は会社の経営計画の達成です。

予算を作成したり各部門から提出された予算を精査する際には一定以上の会計知識が必要です。
また、会社全体を見渡して総合的に判断する俯瞰力、各部署と円滑なコミュニケーションを取るためのコミュニケーション能力も必要です。

予算管理システムの活用

予算管理システムを導入すれば予算編成時のエクセルでの情報収集にかかる手間を削減して、手入力によるミスを減らせます。
また日常的に予算と進捗実績を比較・分析でき、このサイクルを続けていくことで、予算管理・編成の質が高まります。

予算管理システム紹介

予算管理では各部門からの情報のピックアップと集計が必要なため、多くの工数がかかります。
実現可能かつスピーディーな予算管理のためには自社に適した予算管理システムの見極めと導入が必要です。
今回は厳選したサービスを3つ紹介します。

BizForecast

Excelの非常に便利な入力インターフェース、柔軟で使い勝手の良い集計・分析機能の長所を活かしつつ、情報共有や情報保全の面におけるデメリットを解消

会計勘定科目ベースだけでなく、上流の明細単位の計画策定から予算実績比較・データ分析まで幅広くカバー可能

機能

  • 情報収集

言語や通貨が異なる物理的に離れた多数の拠点から、経営判断に必要な情報をタイムリーかつ正確に収集

  • 集計・加工/入力

収集した各種情報を、各階層の必要な粒度に集計及び加工

  • 報告・レポーティング

集計・加工された数値データなどの情報を帳票・レポートやグラフチャートなど視覚化することで、迅速かつ的確な経営判断を支援
その他外部システム連携など豊富な機能が搭載

料金

要問合せ

Workday Adaptive Planning

Excelとの連携管理により予算編成から予実管理・管理会計、PL/BS/CFまで幅広い業務範囲に対応

機能

  • レポートブレイクダウン機能

ブレイクダウン・多次元帳票作成機能で複雑なデータ推移を直感的に理解。その場のクリックでブレイクダウンが確認でき、 ドラッグアンドドロップで様々な帳票を作成可能

  • インプット機能

エクセルに似たユーザインターフェースによりストレスなく操作でき、担当者の負担を減らせる

  • エクセルとの連携機能

エクセルやCSVのデータをインポート、エクスポート機能が備わっている。本機能により既存ERP/基幹システムとの連携やデータの受渡しが可能
その他明細データ管理など豊富な機能が搭載

料金

要問い合わせ

STRAVIS

Excelライクな操作性と高いメンテナンス性で情報収集業務を支援。予算管理や連結経営管理に必要な要件をトータルにサポートする豊富な標準機能と、汎用性の高いデータ収集基盤を提供。

機能

  • 連結会計

最新の会計基準に準拠した制度連結機能を提供。月次連結や連結予算、連結見込等の管理連結業務にも対応しており、連結経営基盤としての活用が可能

  • 管理会計

製品別損益管理や単体予算編成管理、設備投資管理等、経営管理用途で効果を発揮

  • グループ経営データ収集基盤

グループ会社からの情報収集基盤としても活用可能。BEPS関連情報やグループ人事情報、店舗情報等、グループ経営に必要な様々なデータを一元管理
その他IFRS対応など豊富な機能が搭載

料金

要問い合わせ

まとめ

今回は予算管理について紹介しました。
フローの見直しやツールの活用で予算管理の効率化を図りましょう。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

“生成AIで創る音楽カルチャー”|フランスっぽさってなんだろう?

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート

あなたにおすすめの記事

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

“生成AIで創る音楽カルチャー”|フランスっぽさってなんだろう?

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート