HOME/ AINOW編集部 /国内メガバンク初|みずほ銀行がキャッシュカードの再配送受付を自動化
2021.12.22

国内メガバンク初|みずほ銀行がキャッシュカードの再配送受付を自動化

株式会社PKSHA Technologyの子会社である株式会社BEDOREは、株式会社みずほ銀行に自動音声対話エンジン「BEDORE(べドア) Voice Conversation」の提供しました。

みずほ銀行では同サービスを活用し、2021年11月24日よりキャッシュカードの再送受付業務の自動化を開始しています。

▼PKSHA Technologyの事業内容や特徴について詳しく知りたい方はこちら。

ボイスボットと口頭でのコミュニケーションが可能に

従来まで荷物の配送を依頼する多くの場合、顧客の希望のメニューに沿った番号をキーパッドで入力していましたが、BEDORE Voice Conversationの導入により、顧客は電話ボイスボットに対して口頭のコミュニケーションで再送依頼を完結できるようになります。

また、開局時間に関わらず24時間365日電話で再送受付が可能となるため、サービス品質を通じた顧客体験の向上が期待されています。

実際にみずほ銀行でカードを返却する場合、下の画像(サンプル)のようなフローで手続きが進みます。

※サンプルイメージです。

BEDOREによると、顧客がボイスボットと口頭のコミュニケーションのみで用件を完結できる取り組みは、国内のメガバンクにおいて初とのことです。

対話フロー設計の柔軟性が重要

みずほ銀行は、BEDORE Voice Conversationの音声認識技術の精度や補正技術、対話フロー設計の柔軟性が高く評価し、導入に至りました。

みずほ銀行は、今後もサービス品質向上のため、BEDORE Voice Conversationをさらに活用し、AIで対応可能な業務を拡大していくとしています。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る

Dall-E2のAIの出力を一貫させる方法 – プロからのアドバイス。

あなたにおすすめの記事

株式会社ルビス、文章からスライド資料が作成できるWEBツール「イルシル」の製品版の提供を開始

300社以上のDX供走でゆたかな世界を実装|株式会社ABEJA

ゲームAIの最先端を独占取材!|スクウェア・エニックスのAIに迫る

世界最大容量の伝送を実現する光伝送技術を開発|富士通株式会社に迫る

Dall-E2のAIの出力を一貫させる方法 – プロからのアドバイス。