HOME/ 注目のニュース /国内初、キーワードをもとに約6秒で文章生成できる文章生成AI 「ELYZA Pencil」一般公開
2022.03.29

国内初、キーワードをもとに約6秒で文章生成できる文章生成AI 「ELYZA Pencil」一般公開

最終更新日:

東京大学松尾研発・AIスタートアップ、株式会社ELYZAはキーワードをもとに約6秒で日本語の文章を生成できる大規模言語AIの開発に成功し、2022年3月28日より当モデルを用いた文章執筆AI”ELYZA Pencil”(イライザ ペンシル)をデモサイトとして一般公開しました。

2021年8月に公開し、5日間で13万人利用の反響を得たELYZA DIGESTに次ぐ第2弾の大規模言語AIの公開となるELYZA Pencilは、キーワードから文章生成できる日本語の大規模言語AIとして、国内初の一般公開となります。

キーワードを数個入力するだけで、約6秒で日本語のタイトルや文章を自動生成し、今回の一般公開デモではニュース記事、ビジネス用のメール、職務経歴書の生成機能を提供しています。

ELYZA Pencilによる文章生成の速度や精度評価を行うために、以下の観点でAIと人間(東大生)の執筆について比較検証が行われ、以下がAIによる文章執筆の例と検証結果になります。

ELYZA Pencilは「正確性」「キーワード含有率」については東大生に負けるものの、「速度」は56分の1と圧倒的なスピード差をつけ、「流暢性」では同等水準の結果となりました。

株式会社ELYZAは、全国民のホワイトカラー業務の10%以上をAIへ代替できる可能性があると想定しており、今後、ホワイトカラーが行っている「書く」業務をはじめ、「まとめる」「読む」「答える」といった業務をAIでサポートできる世の中にしていきたいとしています。

ELYZA PencilのサービスURL
文章執筆AI「ELYZA Pencil」

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設

あなたにおすすめの記事

ノーコードでAIに挑戦!AIプラットフォーム「AIMINA」を活用し農業の課題解決に向けたAI利活用授業レポート|SB C&S株式会社

Google、AIが生成したコンテンツのランキングを破壊

曖昧なファッションの表現をAIが自動で解釈する技術を開発|早稲田大学・株式会社ZOZO 共同研究

世界トップクラスのAI防犯技術を体験|株式会社アジラがデモ体験エリアを完備した新オフィスを開設