HOME/ AINOW編集部 /<レベル別>Pythonと機械学習が学べる書籍15選
2022.06.15

<レベル別>Pythonと機械学習が学べる書籍15選

機械学習を学びたいけど、どの本を読めば良いのかわかりませんよね。自分にあったレベルの本を見つけるのは、難しいことです。

本記事では機械学習を学ぶためのステップも紹介しており、それに伴った書籍を紹介しています。

自分にあった本を見つけて、機械学習を勉強していきましょう!

本で機械学習/Pythonを学ぶメリット

本を利用して機械学習、Pythonを学習するメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  1. 体系的に学べる
  2. 安く学べる

体系的に学べる

1つ目は体系的に学べることです。書籍では体系的に知識がまとめられているため、頭に入りやすくなります。

例えば、ディープラーニングであればディープラーニングについての知識や技術がまとめられています。そのため、自分が学びたい内容を探して該当部分だけ学習することもでき、他の分野を勉強していてわからないことがあったら戻って復習することも簡単にできます。

安く学べる

2つ目は安く学べることです。書籍は高価なものでも4000円ほどで買えることもあり、安いものでは1000円代で売っています。

スクールに通うとお金がかかってしまうため勉強できない、という人でも本で学習するなら書籍代しかかからず手軽に勉強をはじめられます。しかし、この場合独学になるため、自分のレベルと目的にあった本を選ぶことが重要になります。

機械学習/Python関連書籍を選ぶ際のコツ

機械学習、Python関連書籍を選ぶときのコツを3つ紹介します。

  1. 自分のレベル・スキルに合った本を選ぶ
  2. 学ぶ目的を明確にしてから選ぶ
  3. 本のレビューや評価を調べる

自分のレベル・スキルに合った本を選ぶ

まず1つ目のポイントは自分のレベルやスキルに合った本を選ぶことです。

学校で学年が上がるごとに教科書の内容も難しくなっていったように、機械学習、Python関連の書籍でもそれぞれ内容の難易度は違っています。

自分が今どれくらい理解しているのかを考えて本を選びましょう。

学ぶ目的を明確にしてから選ぶ

2つ目は学ぶ目的を明確にすることです。

以上でも述べたように、書籍ごとに内容は異なります。そのため、自分が本を読むことでどのようなスキルや知識を身につけたいのかを明確にしてから選びましょう。

本のレビューや評価を調べる

3つ目は本のレビューや評価を調べることです。

レビューにはその本を実際に読んだ人の声が書かれています。本を読んだことでどのような知識を得られたのか、どれくらいの難易度だったのかなど、実際に読んだ人でなければわからないことも書いてあるでしょう。

ただし、一つのレビューが正しいとは限りません。良いレビュー、悪いレビューそれぞれを見比べてみることが必要とされます。

そのため、面倒かもしれませんが、複数のレビューや評価を調べることも重要です。

機械学習/Python関連の本おすすめ15選

機械学習/Python関連のおすすめの本を初心者向け、中級者向け、上級者向けの3つに分けて、15冊紹介します。

ここでは、以下のように分類します。

▼関連記事
AIのための数学について解説|3つの学習方法や学習ステップも紹介!>>

機械学習のための数学について解説|おすすめの書籍や講座も紹介!>>

初心者向け(機械学習・Pythonについて詳しく知らない方)

まずは初心者向けの本を5冊紹介します。

  1. Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ
  2. Pythonの絵本 Pythonを楽しく学ぶ9つの扉
  3. Python ゼロからはじめるプログラミング
  4. スラスラわかるPython
  5. Pythonスタートブック 増補改訂版

以下でそれぞれ解説してきます。

▶機械学習ライブラリを一挙紹介!|初心者におすすめのライブラリ5選>>

Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ

(出典:Amazon)

Python初心者の方に向けて、簡単なサンプルを作りながら、対話形式でプログラミングのしくみを学ぶ書籍です。

1年生シリーズは以下のような特徴があります。

  • 対話形式で解説し、イラストを交えながら、基礎知識を解説。
  • 初めての方でも安心して学習できるよう基本文法もしっかり解説。
  • 平易でサンプルを用意していますので、安心してプログラムを体験。

Pythonの絵本 Pythonを楽しく学ぶ9つの扉

(出典:Amazon)

「プログラミングについて何も知らないこと」を前提に、基本からPythonを解説し、さらにリストや関数といった特徴ある機能を紹介していきます。また、章末でプログラミングサンプルを紹介するなど、実戦的な内容も含まれています。

絵本シリーズには次のような特徴があります。

  • 絵を多用し、短い解説で絵本のようにビジュアルに理解できる。
  • 2ページを単位とした説明、基礎に絞り込んだ内容でスピーディに学習。
  • 予備知識は不要。「プログラミングとはなにか」から入門。
  • Pythonの特徴などや実行の仕組みなど、知識として知っておきたい事柄もフォロー。
  • クラス/オブジェクトの基本も解説。

Python ゼロからはじめるプログラミング

(出典:Amazon)

Python」がはじめてという初心者を対象に、文法やプログラムの基本知識をわかりやすく丁寧に教える入門書です。

  • 何から学習すれば良いかわからない
  • Pythonをはじめて学ぶ・あらためて基本から学びたい
  • 場で通用する基礎を身につけたい

という人にオススメの書籍です。

スラスラわかるPython

(出典:Amazon)

「はじめてプログラミングを学ぶ人」に向け、Pythonのスタンダードな知識を習得することを目標としています。基本をしっかり理解し、身につけられるよう、必要最低限の知識を丁寧に解説しています。

Pythonスタートブック 増補改訂版

(出典:Amazon)

プログラミングの知識が無くても理解できるイラストやサンプルを活用しています。さらに、プログラミングの応用編として、Webアプリケーション開発やデータ処理の基本も解説しています。基本の基本から、データ型を駆使したオブジェクト指向プログラミングまで、Pythonならではのプログラミングを楽しく解説します。

中級者向け(機械学習・Pythonの基礎を理解している方)

次に中級者向けの本を5冊紹介します。

  1. 独習Python
  2. Python[完全]入門
  3. 動かして学ぶ!Python Django開発入門
  4. Python実践入門
  5. Pythonトリック

以下でそれぞれ解説してきます。

独習Python

(出典:Amazon)

独習シリーズの強みである、手を動かしておぼえる(書いて実行して結果を確認する)特長を生かし、Pythonの基本的な言語仕様から、標準ライブラリ、ユーザー定義関数、オブジェクト指向構文、モジュールまで、サンプルプログラムを例示しながら詳細かつ丁寧に解説します。

プログラミングの基礎知識がない方でも、解説→例題(サンプル)→理解度チェック

という3つのステップで、Pythonでプログラミングを行う際に必要な知識・概念・機能を体系的に習得できます。

Python[完全]入門

(出典:Amazon)

基礎からアプリ開発のために必要な知識まで、「この一冊で」しっかりやさしく学べる新しいPythonプログラミングの教科書です。

はじめてプログラムを行う人でも安心して読み進められるように、基礎をわかりやすく解説。さらに「AI」「スクレイピング」「データベース」「Webプログラミング」など、最新のアプリ開発にすぐに取りかかれるように、実践的なサンプルも多数掲載しています。

動かして学ぶ!Python Django開発入門

(出典:Amazon)

大人気フレームワーク「Django」によるWebアプリ開発手法を解説した書籍です。

DjangoによるWebアプリの設計・作成の基本、動的機能の作成(フォーム作成)の基本、認証処理の基本、データベースとの連携の基本(日記機能)、クラウドとの連携の基本(デプロイも含む)、セキュリティの基本など一通り学ぶことができます。

Python実践入門

(出典:Amazon)

Pythonが持つ機能の実践的な使い方を紹介します。Pythonの仕様やその特徴的な機能、標準ライブラリでできることを中心に扱うため、分野を問わず活用できます。

Pythonトリック

(出典:Amazon)

リスト内包や文字列フォーマットなど、さまざまなサンプルを元に、入門書を一通り終えた駆け出しプログラマには、Pythonの機能や特徴をより深く教授し、また他言語から新たにPython習得を目論むベテランには、コードの書き方の差異を教授してくれます。

  • 短いサンプルでPythonの特徴を学べる
  • Pythonならではの、機能をビュッフェ形式で学べる
  • Pythonプログラミングへの理解促進

という特徴があります。

上級者向け(機械学習・Pythonをマスターして実装・活用できる方)

次に上級者向けの本を5冊紹介します。

  1. Pythonで動かして学ぶ!あたらしい機械学習の教科書
  2. 現場で使える!Python機械学習入門 機械学習アルゴリズムの理論と実践
  3. Pythonで動かして学ぶ!あたらしい数学の教科書 機械学習・深層学習に必要な基礎知識
  4. パーフェクト Python
  5. ディープラーニング実装入門 PyTorchによる画像・自然言語処理 impress top gearシリーズ

以下でそれぞれ解説していきます。

Pythonで動かして学ぶ!あたらしい機械学習の教科書

[伊藤 真]のPythonで動かして学ぶ!あたらしい機械学習の教科書 第2版

(出典:Amazon)

機械学習の基本について、数学の知識をもとに、実際にPythonでプログラムしながら学ぶことができる書籍です。

学習内容を「要点整理」で復習しながら、数式とコードをつなげたわかりやすく解説しています。

現場で使える!Python機械学習入門 機械学習アルゴリズムの理論と実践

[大曽根 圭輔, 関 喜史, 米田 武]の現場で使える!Python機械学習入門 機械学習アルゴリズムの理論と実践

(出典:Amazon)

機械学習の基本と実践手法について解説した書籍です。

機械学習の開発環境の準備、実際の現場での利用方法、そしてブラックボックス化しがちな理論部分もしっかりフォローし、データ集計・整形と組み合わせた機械学習モデルの利用方法も解説しています。

Pythonで動かして学ぶ!あたらしい数学の教科書 機械学習・深層学習に必要な基礎知識

[大曽根 圭輔, 関 喜史, 米田 武]の現場で使える!Python機械学習入門 機械学習アルゴリズムの理論と実践

(出典:Amazon)

線形代数、確率、統計/微分といった数学の基礎知識をわかりやすく解説した書籍です。AIについて学びたいけど、数学の勉強は難しいと感じている人に特におすすめできます。

この書籍の対象読者として、文系の方や非エンジニアの方も想定しているので、わかりやすいです。

パーフェクト Python

[露木 誠, 小田切 篤, 大谷 弘喜]のパーフェクト Python [改訂2版]

(出典:Amazon)

Pythonの言語仕様や思想、実際に直面する問題の解決から幅広いサードパーティ製のライブラリまでこれ一冊でPythonの知識が身につきます。

最新のPython 3.8の情報が知りたい人、Pythonでロジックは書くことができるが、もう一歩踏み出したい人にオススメです。

ディープラーニング実装入門 PyTorchによる画像・自然言語処理 impress top gearシリーズ

[吉崎亮介, 祖父江誠人]のディープラーニング実装入門 PyTorchによる画像・自然言語処理 impress top gearシリーズ

(出典:Amazon)

機械学習の手法の中でもとくにディープラーニングに注目し、その実践のための知識を基礎からまとめています。概念としての「人工知能」「機械学習」「ディープラーニング」の紹介から、数学知識のまとめ、プログラミングとフレームワークの利用方法、環境の構築までを解説していきます。

まとめ

書籍で学ぶメリットと本を選ぶコツ、そして初心者、中級者、上級者それぞれに向けたオススメの本を紹介しました。

たくさんの書籍があって選ぶのは大変です。悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

実際に本を選ぶとき、この記事を参考にしてみてください。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

陸で、海で、宇宙で:5つのスタートアップがAIを利用して地球を救う方法

データサイエンスタスクに必要なデータセットを入手するさまざまな方法

日本語に特化した言語と画像の関係を表現するAI「CLIP」が公開|rinna株式会社

データサイエンスに最適な言語とは何か

Aidemy

株式会社アイデミー|日本最大級のAI学習プラットフォーム

なぜテキスト要約は依然として難しいのか

あなたにおすすめの記事

陸で、海で、宇宙で:5つのスタートアップがAIを利用して地球を救う方法

データサイエンスタスクに必要なデータセットを入手するさまざまな方法

日本語に特化した言語と画像の関係を表現するAI「CLIP」が公開|rinna株式会社

データサイエンスに最適な言語とは何か

Aidemy

株式会社アイデミー|日本最大級のAI学習プラットフォーム

なぜテキスト要約は依然として難しいのか