HOME/ AINOW編集部 /バイトルのデータでAIを実装するエンジニア募集
2023.02.03

バイトルのデータでAIを実装するエンジニア募集

最終更新日:

こんにちは!ディップ株式会社の採用担当です。

・機械学習エンジニアとして、大きな企業で新しいことにチャレンジしてみたい!
・リモート・副業などしながら、自由に楽しく働きたい!

本記事を見てる方の中には、このような考えをお持ちの方もいるのではないでしょうか。今回は、そんな方に刺さる求人のご案内です!

データブレイン課の募集について

なにをやっているのか

データサイエンティストと連携して、社内・社外に向けたプロダクトを実装するバックエンドエンジニアを募集します。

  • データ分析・機械学習に興味があるけど、プロダクトを作ってアウトプットする方が好き!
  • ビッグデータを利用したプロダクトが作りたい!
  • AIやDXの領域の中でエンジニア経験を積みたい!

と思ってる方がマッチしそうです。

ディップは、求人広告事業として、
バイトル、バイトルNEXT、はたらこねっとなどのサービスを運用していますが、顧客獲得や求人の効果を高めるために、社内にもたくさんのプロダクトが存在しています。

たくさんのプロダクトの中でも、社内に溜まっているビッグデータを利用したプロダクトのエンジニアをお任せします!

なぜやるのか

ディップは成長をし続けるベンチャーであると同時に、企業に人材を、ユーザーに仕事を提供することを通じて[社会を改善する存在となる]事を目指しています。

人材業界には膨大な工数をかけて人が行っている業務がたくさんあり、有効活用できるデータも大量にあります。これらのデータをAIで[社会を改善する]新しいサービスに実現していただきます。

もちろん、人工知能を活用した新規事業もやっていきましょう。

どうやっているのか

【チームの紹介】

今回募集するのは、DataBrain課というチームのエンジニア。
「DataBrain課」がどんなチームかというと、こんな感じ。

◯チームの特徴
会社なのかここは?驚くほど自由。
今は、ほとんどの人がリモートで勤務していて、たまに六本木の綺麗なオフィスで作業も。

「思考のアウトプット!」Slack、miro、notion、Backlog、boxなどで情報共有、
在宅勤務で「気軽に雑談!」discord, SpatialChat, gatherを導入したり。

◯チームメンバー紹介
「データ分析ユニット」と「データ基盤ユニット」があり、それぞれデータサイエンティストとデータエンジニアが所属しています。
チームはPM、ディレクター、UI/UXデザイナー、データサイエンティスト、データエンジニアなどなど。
バックグラウンドは工学系から経済・政治・デザインまで、経歴はさまざま。

実際に開発を行っているメンバーを一部紹介します。

入社直後から2ヶ月実家の新潟でリモートワーク!?ゲーム大好きな新卒エンジニアに話を聞いてみた>>
「面白い人と一緒に働きたかった」私がディップに新卒入社を決めた理由
新卒で入社した会社が入社当日に親会社に吸収合併!?23歳で3社経験したエンジニアが語るディップの魅力>>

【ディップで働く3つの魅力】

魅力① 日本最大級の4つデータ

  • 100万社を超える企業への営業行動データ
  • 100万社を超える企業への求人応募データ
  • 1000万人超のユーザーの行動データ
  • バイトルなどのTVCMや広告の出稿データ

魅力② やりたいことがしやすいチーム

  • 研究チーム、事業部からは独立。横やりなし。
  • 全社チーム、データはすべて統括。調整なし。
  • 新規事業チーム、分析もプロダクト化もする。
  • 新卒でもどんどん活躍していける環境です。

魅力③ やりたいことができるフェーズ

  • 立ち上げフェーズで、チームデザインの自由度高い。
  • リソースは、インターン、投資先など調達範囲広く。
  • リモート、副業、完全OK、楽しく、効率よく働こう。

データプロジェクトって発注者からの依頼&レポートのイメージありますが、私たちは企画を自分たちで決めて、分析して、プロトタイピング、小規模にリリース、改善。

上流とか下流とか言わず、早く考えて、早くリリースして、早く改善。何なら新規事業にしたっていいですよ。

【社内制度】

◯フレックスタイム制度:コアタイム(11:00~17:00)
◯テレワーク制度:エンジニアはほとんどの人が終日テレワークです
◯副業・兼業:申請すればOK

こんなことやります

バイトルに眠る大量データを使って、世界初のAIサービスを作ってみませんか?

⚫︎お仕事内容

今動いているプロジェクトの一部はこんな感じです。

  • 求人原稿の作成支援ツールの開発
  • 求人画像の作成支援ツールの開発
  • 営業の商談支援ツールの開発
  • ユーザ獲得のためのサイト施策

どれもデータ分析を活かして、売り上げUPや工数削減を狙った施策です。

⚫︎お仕事の流れ

データサイエンティスト・企画が「仮説立案」

データサイエンティスト・エンジニアがデータを抽出して「検証」。ここで、モデル構築やシミュレーションができるプロトタイプを作って実装できそうか検討。

検証が終わったら、実際に「プロダクトを作成」します。必要に応じて開発チームと協力し、早くリリースして、早く改善していきます。

スモールスタートで、どんどんこのサイクルを回していきます。

もし、新規事業になりそうであれば、隣にいる新規事業チームと新規事業の企画、設計、開発をして、世の中に出してしまいましょう。

⚫︎言語・開発環境

Python(FastAPI), SQL, GCP(BigQuery 等), AWS(ECS, EC2, S3等), GitHub(Actions), Dockerなど、他もありますが
必要に応じて導入したりしてOKです。

⚫︎経験・スキル

即、活躍できそうな方はこんな知識や経験のある方です。この中で複数当てはまればOKです。

  • Pythonでのアルゴリズム実装
  • Pandasでのデータフレームの処理
  • SQLでのデータ抽出や処理
  • Git, Githubの利用経験
  • 下記の内容に興味がある

もっと活躍できそうな方はこんな経験のある方です。

  • Django、FastAPI、Flaskなどフレームワークを使ったアプリ開発
  • Dockerを使った開発経験
  • 機械学習を用いたアプリのデプロイ経験
  • GCP/AWS等クラウド環境での開発
  • CI/CDの構築経験
  • PythonやRなどでのデータ分析経験

チームフィットしそうな人物像はこんな方です。

  • いろんなことに好奇心を持って働けそう
  • 新しいことや、やったことないことをやるのが大好き

▶Wantedlyから応募したい方はこちら>>

ディップ株式会社について

事業内容

「人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。」

2019年3月、ディップは”Labor force solution company”を新たにビジョンとして掲げました。

日本では、今後の人口減少・高齢化に伴い労働力不足が深刻化するとともに、現在の仕事の多くは、デジタルレイバーに置き換わると言われています。

これまで我々は、労働力の問題を、”人を募集し採用する”という面から解決・改善してきました。

しかし、これからは、従来の事業ドメインを拡大し、”Labor force solution company”へと進化することにより、人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。

企業理念

「私たちdipは夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」

◼dream

私たちには夢があります。
いろいろな夢を、描きたい。そして、すべての夢を、かなえたい。それは、マーケティングの効率化を追求し、「より便利」で「より豊か」な社会作りに貢献していくこと。

◼idea

私たちにはアイデアがあります。
いつも新しい発想で、今までにない何かを発信していきたい。それは、⽇々進化を続けるテクノロジーを活⽤し、ユーザビリティの⾼いサービスを提供し続けること。

◼passion

私たちには情熱があります。
次のステージに向けて、大きなステップを踏みだしたい。常に最高を求めて努力を惜しまない、ひとりひとりの情熱でお客さまひとりひとりの満足を追究していくために。

ビジョン

「Labor force solution company」

人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。

ブランドステートメント

「One to One Satisfaction」

私たちのビジネスに関わるすべての人々、ユーザー、クライアント、パートナー、株主、そして従業員にとって「満足度No.1」であることを目指します。

ディップ株式会社のラボメンに応募

「ディップに少しでも興味が湧いた!」「ディップのラボメンとして働いてみたい!」という方は、下記のボタンからご応募ください!

ぜひ一度カジュアルにお話してみませんか?

▶Wantedlyから応募したい方はこちら>>

会社概要

社名 ディップ株式会社
設立 1997年3月
所在地 [本社]
〒106-6231
東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー31F 地図
社員数 2,356名(2022年4月1日現在の正社員)
※契約・アルバイト・派遣社員除く
資本金 1,085百万円 (2022年2月末現在)
代表取締役 冨田 英揮(代表取締役社長 兼 CEO)
志立 正嗣(代表取締役COO 兼 CIO)
公式HP https://www.dip-net.co.jp/

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート