HOME/ AINOW編集部 /社会人にもおすすめのデータサイエンススクール10選 – 選び方のポイントとは?
2023.03.25

社会人にもおすすめのデータサイエンススクール10選 – 選び方のポイントとは?

データサイエンスについて勉強したい、データサイエンティストになりたい、でもどうやって勉強すればいいのかわからないという人も多いでしょう。

この記事では、社会人になってからでもデータサイエンスについて学べるスクールを紹介し、データサイエンティストになるためにはどのような知識を身につければいいのかを解説しています。

【この記事でわかること】 ※クリックすると見出しにジャンプします

データサイエンスについて

まずはデータサイエンスについて、簡単に説明していきます。

データサイエンスとは、簡単に説明すると、単なるデータから価値を見つける研究です。さまざまなデータの中から共通点や法則、関連性を見つけ出し、そこから有益な情報を引き出すことを目的としています。

▼関連記事はこちら
今さら聞けない「データサイエンス」とは?>>
初心者でもわかる!データサイエンティストとは −仕事内容、スキル、勉強法、資格まで徹底解説>>

おすすめのデータサイエンススクール10選

ここでは、データサイエンスを学習できるデータサイエンススクールを10個紹介します。

  1. データミックス
  2. キカガク
  3. Tech Academy(テックアカデミー)
  4. Aidemy(アイデミー)
  5. CodeCamp(コードキャンプ)
  6. 侍エンジニア
  7. .Pro(ドットプロ)
  8. TECH CAMP(テックキャンプ)
  9. テックアイエス
  10. AI boost(AIブースト)

それぞれ表を使いながら詳しく紹介します。

▶AIを学べるスクールおすすめ5選|メリット・デメリット、選び方まで紹介>>

データミックス

データを学べば、新しい世界が見えてくる

(出典:https://datamix.co.jp/)

費用 入学金:27,500円
ブーストステップ:165,000円
その他:192,500円
一括申し込み:742,500円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 7ヵ月
受講スタイル オンラインまたは通学
授業形式 少人数制のクラス
参加条件 入学試験あり

データミックスは平日夜と土曜日に開講しているため、社会人で働きながらでも学習しやすい環境が整っています。また、転職支援も行っているため、社会人からデータサイエンス関連の職種に転職したい人におすすめです。

キカガク

(出典:https://www.kikagaku.ai/)

費用 792,000円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 6ヵ月
受講スタイル オンライン
授業形式 動画のみ
参加条件 なし

キカガクは、学習に使う動画教材を無期限で視聴できるためいつでも復習ができ、通勤通学時間を利用して勉強できます。また、転職支援も行っています。

Tech Academy(テックアカデミー)

(出典:https://techacademy.jp/)

費用 4週間コース:社会人174,900円、学生163,900円
8週間コース:社会人229,900円、学生196,900円
12週間コース:社会人284,900円、学生229,900円
16週間コース:社会人339,900円、学生262,900円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
8週間コース:160,930円
12週間コース:199,430円
16週間コース:237,930円
受講期間 最大16週間
受講スタイル オンライン
授業形式
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • 毎日15時〜23時のチャットサポート
  • 課題レビュー
参加条件 なし

Tech Academyはオンライン完結で隙間時間に学習でき、週2回のメンタリングもあるため学習サポート体制も整っています。また、転職支援も充実しています。

Tech Academyではさまざまなコースが設置されているため自分の目的に合ったコースで学習できることもメリットです。

Aidemy(アイデミー)

(出典:https://aidemy.net/)

費用 3ヶ月プラン: 528,000円
6ヶ月プラン:858,000円
9ヶ月プラン:1,078,000円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 最大9ヶ月
受講スタイル オンライン
授業形式
  • オンライン教材と課題
  • チャットやカウンセリングで相談
参加条件 なし

Aidemyは未経験からでも挫折しないサポート体制が充実しています。中でもバーチャル自習室を使って自習や他の受講生と交流もできることが特徴です。転職支援も充実しています。

CodeCamp(コードキャンプ)

(出典:https://codecamp.jp/)

費用 148,000円
給付金の有無 なし
受講期間 2ヶ月(レッスン回数:20回)
受講スタイル オンライン
授業形式 マンツーマン
参加条件 なし

CodeCampでは、レッスンは全てマンツーマンで実施し、プログラミング初心者でも、自分のペースに合わせて学習できます。

侍エンジニア

(出典:https://www.sejuku.net/courses/ai/?cid=courses_to_ai&media=microsoft)

費用 12週間プラン:¥682,000
24週間プラン:¥1,089,00036週間プラン:¥1,419,000
48週間プラン:¥1,694,000
給付金の有無 なし
受講期間 最大48週間
受講スタイル オンライン
授業形式 マンツーマン
参加条件 なし

侍エンジニアでは、専門マンツーマンサービスであるため、レッスン時間や学習ペースを柔軟に決めることができます。そのため基礎からじっくり学習、応用から学習など、自分に合った勉強ができます。

.Pro(ドットプロ)

(出典:https://dotpro.net/)

費用 498,800円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 6ヵ月
受講スタイル 対面講義
授業形式 少人数クラス
参加条件 エントリーシートの提出

.Proではオーダーメイドカリキュラムで一人一人にあった学習支援が充実しています。ただ、少人数の対面講義形式で、週に1回東京・渋谷の教室へ通学する必要があります。

TECH CAMP(テックキャンプ)

(出典:https://tech-camp.in/)

 

費用 短期集中:657,800円
夜間・休日:877,800円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 最短10週間~半年
受講スタイル オンライン、通学
授業形式 通学:複数人
参加条件 なし

TECH CAMPはオンラインと通学、短期集中型と夜間休日型など、自分のライフスタイルに合わせたコースを選べるという特徴があります。また、超短期学習では、パソコンとネット環境さえあれば10週間でスキルを身につけることも可能です。

テックアイエス

自立とスキルを徹底サポート

(出典:https://techis.jp/?referral=yahoo_all_techis&utm_source=yahoo-search&utm_medium=cpc&yclid=YSS.1001106450.EAIaIQobChMIkM2QwvPx_QIVwZJmAh1VJgIJEAAYASAAEgIKGvD_BwE)

費用 987,800円
給付金の有無 有り(最大70%還付)
受講期間 1年
受講スタイル オンライン
授業形式 オリジナルテキストと動画
参加条件 なし

テックアイエスのデータサイエンスコースでは基礎から学習した後、就職転職サポートも含めて約1年で卒業できます。また、わからないことがあればZoomですぐに質問することも可能です。

ただ、データサイエンスコースは定員が10名であるため、気を付けましょう。

AI boost(AIブースト)

費用 3ヶ月プラン:360,000円

6ヶ月プラン:440,000円 

給付金の有無 なし
受講期間 3ヵ月~6ヵ月
受講スタイル オンライン
授業形式 オリジナル教材と担当講師
参加条件 なし

AI boostではチャットサービスが充実しており、担当講師と週に1、2回チャット面談で直接話すことが可能です。

ただ、現在(2023年3月)は公式サイトがメンテナンス中となっています。

スクールを選ぶポイント4つ

以上でおすすめのスクールを紹介してきました。色々なスクールがある中で、自分にあったスクールを探すためにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは選び方のポイントを4つ紹介します。

目的に合っているか

1つは自分の目的に合っているかです。

まずはデータサイエンススクールに通う目的、例えばデータサイエンティストとして転職したい等をはっきりさせる必要があります。

スクールにはデータサイエンスについて基礎から学べるコースから、プログラミングやWebデザインを学習するコースまであります。

そのため、自分がスクールを卒業した後の目的、目標を決めておくことで、選ぶコースも必然的に決めることが可能となります。

参加条件を満たしているか

2つ目はそのスクールの参加条件を満たしているかです。

スクールの中には前提としてスキルを必要とするものや、試験に合格しなければならないものもあります。

以上のようなスクールでは自分がその条件を満たしているかを事前に確認しておくことが重要です。

給付金制度が使えるか

3つ目は給付金制度が使えるかです。

給付金制度は、正式には教育訓練給付金と呼ばれています。データサイエンススクールは充実したサポートやテキストに恵まれていますが、その代わりに費用がかかります。

そのため、金銭に余裕のない人は、この教育訓練給付金の有無も重視してスクールを選ぶといいでしょう。

自分のライフスタイルに合っているか

最後に、自分のライフスタイルに合っているかです。

例えば社会人として働いていたり、学生として昼間は授業があったりする人も多いでしょう。

その場合は夜間や休日に学習できるスクールや、オンラインで隙間時間に学習できるスクールを選ぶといいでしょう。

スクールで学べる主な知識

データサイエンスにはさまざまな知識が必要とされます。スクールでは、以下のような知識を学習できます。

  • 数学
  • 数理統計学
  • データマイニング
  • プログラミング
  • 機械学習に関するスキル
  • データベースに関するスキル
  • データ分析システム構築を含む、システムを扱えるスキル
  • 事業戦略の設計スキル

▼関連記事はこちら
機械学習と統計学の徹底的違い – モデルの使い分け方とおすすめの本を紹介>>
データサイエンスの3要素を解説 – 基礎から活用事例まで紹介>>

データサイエンティストに必要な資格も紹介

データサイエンティストに必要とされる資格には以下のようなものがあります。

  • G検定
  • E資格
  • Pythonエンジニア認定データ分析資格
  • 画像処理エンジニア検定
  • AI実装検定
  • データスペシャリスト試験
  • AWS専門知識認定資格
  • GCP Orofessional Data Engineer

これらについて詳しく知りたい方は、以下の関連記事を参考にしてください。

▶データサイエンティストに役立つ資格8選|比較表を用いて解説!>>

まとめ

この記事では、おすすめのデータサイエンススクールを紹介し、スクールを選ぶ際のポイントも解説しました。

データサイエンティストになりたい人、データサイエンススクールを探している人は是非参考にしてみてください。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説