HOME/ AINOW編集部 /「驚きの未来技術体験!プロンプトエンジニアリングを体験しよう」実施校募集開始!
2023.04.03

「驚きの未来技術体験!プロンプトエンジニアリングを体験しよう」実施校募集開始!

最終更新日:

特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグは、中学校・高校向けに無償でChatGPTを活用したプロンプトエンジニアリングの体験授業を提供します。
この授業では、人気のAIチャットボットであるChatGPTと一緒に、クリエイティブな学びに挑戦できます。
子どもたちは、授業内でChatGPTとの対話を体験することができ、さまざまな問題解決やAIの得意・不得意の理解を検討し、またその応用的な使い方を考えるワークを行います。
このプロジェクトを通じて、新しい教育方法が広がり子どもたちの創造力や好奇心がより育まれることを目指しています。ぜひ、この機会にプロンプトエンジニアリングの世界に触れてみませんか?

特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグは、「全国の子どもたちに格差なくSTEAM教育を届ける」ことをめざし、イベント・ワークショップなどを通して子どもたちにSTEAM領域に関するまなびを提供しています。

昨今のChatGPTをはじめとした生成AI技術についても、利活用できるリテラシーが今後求められるでしょう。

教育現場においても、常に最新の技術を取り入れアップデートしていくことは非常に重要であり、今回、中学校・高等学校向けに無償の体験授業を提供することといたしました。

ChatGPTとは

ChatGPT(チャットGPT)は、OpenAIという会社が開発した人工知能で、自然言語処理という技術を使って人間との会話を行うことができます。
ChatGPTは、大量の文章データを学習して、自然言語の理解能力を獲得します。
例えば、文章を読んで意味を理解し、文章を作成することができます。
チャットボットや翻訳サービスなどに使われ、今後、多くの分野で活躍することが期待されています。

プロンプトエンジニアリングとは

プロンプトエンジニアリングとは、大規模言語モデルへの入力文を工夫することで、出力の精度を改善させる技術です。

例えばこのように質問の内容を充実させたり、より具体的な設定を加えることで、出力内容を改善させることができます。
ChatGPTをはじめとした生成AI技術が目覚ましい速度で進展し多くのサービスが展開されはじめている今日において、プロンプトエンジニアリングはその必要性が高まっています。

体験授業について

特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグは、中学校・高等学校を対象にChatGPTを利用したプロンプトエンジニアリングの体験授業を無償で提供いたします。
本体験授業では、最先端のチャットボットAI「ChatGPT」を活用したプロンプトエンジニアリングを生徒の皆さんに体験してもらうことでAIの特性を理解したり、AIを活用した問題解決を行うことでクリエイティブな学びの機会を提供します。
AI技術の使い方に触れることで、これからも発展し続ける技術との適切な向き合い方を学ぶことができます。

サービス提供の背景

特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグは、「全国の子どもたちに格差なくSTEAM教育を届ける」ことをめざし、イベント・ワークショップなどを通して子どもたちにSTEAM領域に関するまなびを提供しています。
昨今のChatGPTをはじめとした生成AI技術についても、利活用できるリテラシーが今後求められるでしょう。
教育現場においても、常に最新の技術を取り入れアップデートしていくことは非常に重要であり、今回、中学校・高等学校向けに無償の体験授業を提供することといたしました。

授業内容

本授業では、講師がChatGPTの利用方法を説明しながら、実際に生徒の皆さんに体験をしていただきます。
自由にさまざまな質問や文章の作成をしながら、できること・できないことを判断したり、向いている内容の確認、課題のある部分を見つけたり、自分がどう感じたか・どう考えるかについてワークシートにまとめるといった、講義、体験、議論、振り返りをおこなう内容となっています。

また、今回はChatGPTの技術を組み込んだ独自開発の対話UI(ユーザーインタフェース)を採用しており、生徒のみなさんによりわかりやすく、より楽しく学びを進めていただけるようになっております。

また、学校でご用意いただくPC、タブレット等はブラウザ(Chrome、Safariなど)が使えるものであれば本体験授業を受けていただくことが可能です。
(※ただし、セキュリティ設定や閲覧できるサイトに制限がある場合は設定を変更頂く必要がございます。)

また、本体験授業はすべて無償で提供させていただきます。

要項

【対象】
国/公/私立の中学校、高等学校およびそれに準ずる教育機関
(※学年・クラス等形態は問いません)

【申込期間】
2023年4月30日まで

【定員】
10校

【選考方法】
原則として先着順とさせていただきます。
万が一、10校を超えての申込となってしまった際は担当者さまにご連絡させていただきます。

【選考結果の通知】
申込より2週間以内に、担当者さまにヒアリングの日程調整のご連絡を差し上げます。
その後、ヒアリングで実施できる状況かの判断を行い、その後2週間以内に結果通知いたします。

【注意事項】
・60分から150分(通常授業の1から3コマ)程度の時間で完結する内容の授業となります。
・授業日時は、学校と当法人の都合を考慮し調整させていただきます。基本的には平日10時〜17時の営業時間とさせていただきます。
・実施形態については学校により環境が異なることから、お打ち合わせの際に決定いたします。
・授業の様子や成果物等は生徒・学生の個人情報などが特定できないようにした状態で広報活動に使用させていただきます。
・授業ではパソコンやiPadなどWebブラウザーが動作するデバイスを使用します。参加する生徒・学生の人数分のデバイスをご用意いただいた上でお申し込みください。パソコン室等にある共用PCでも問題ございません。ご不安・ご相談があれば、事前にお問い合わせください。
・一斉に授業できる人数には限りがあり、最大40人程度を想定しております。クラスを分けて複数回で実施することも可能ですので、ご相談ください。
・規約により12歳以下の生徒はChatGPTを使用することができません。予めご了承ください。

皆様からのお申込をお待ちしております。
この機会に、最先端のIT技術を活用した教育体験をぜひお試しください。

授業実施までの流れ

1. 申込フォームの提出
申込にあたりフォームをご提出ください。

2. ヒアリング
ご担当者様にオンラインで授業の詳細のご説明、実施する環境、不明点や授業の形態についてヒアリングさせていただきます。

3. 結果通知
ヒアリングの内容も踏まえ、結果を通知いたします。

4. お打ち合わせ・日程調整
授業実施の日程を調整いたします。

5. 授業(オンライン)
実施日に授業を行います。授業はオンラインで行います。
(✳︎別途、講師の交通費実費をご負担いただける場合は教室で対面授業をさせていただくことも可能です。)

6. 振り返り
授業を終えた後、振り返りをさせていただきます。
今後の活動に向けた実施後アンケートの回答へのご協力をお願いします。

申込方法

こちらのリンクからお申込が可能です。
https://forms.gle/3pjQme9CnudehWt39

ご質問やご相談に関するお問い合わせ

まずは話や説明だけ聞いてみたい方、不明点を洗い出してから申し込みされたい方は特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグ 教育機関向け窓口までお問い合わせください。

TEL: 050-1743-4957
メール: contact@newcreator.org

法人概要

特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグは2016年よりプログラミング教育の事業領域において、首都圏・関西圏を拠点に全国に向けて展開している教育系NPOです(2019年法人化)。
多くの子どもがプログラミングに触れることができる機会をつくるため、オンラインプログラミングイベントや地方部でのイベントをはじめ、企業との協働によるイベントを実施しています。
これまで全国で延べ30回以上のイベントを開催、700人以上がプログラムに参加しており、2021年からは学校向け出張授業やカリキュラム提供を開始。
さらなる事業拡大を行うことでこれまでにない次世代の若者が成長できる場を創っていきます。

法人名:特定非営利活動法人ニュークリエイター・オルグ
所在地:大阪府豊中市
HP:https://newcreator.org/

※ なお、このプレスリリースは、GPT-4が出力した内容を加筆修正し作成しました。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

基調講演だけではない。OpenAI、Microsoft、Metaもビジョンを語ったGTC2024セッションまとめ

ChatGPTもGeminiも忘れて、これらの(信じられない)次世代AIツールをチェックしてみよう!

「Yahoo!知恵袋」でも活用、LINEヤフーの生成AI活用戦略

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

あなたにおすすめの記事

基調講演だけではない。OpenAI、Microsoft、Metaもビジョンを語ったGTC2024セッションまとめ

ChatGPTもGeminiも忘れて、これらの(信じられない)次世代AIツールをチェックしてみよう!

「Yahoo!知恵袋」でも活用、LINEヤフーの生成AI活用戦略

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?