HOME/ 注目のニュース /DCON2024 公式サイトがオープン、10月16日までエントリーを受付
2023.07.03

DCON2024 公式サイトがオープン、10月16日までエントリーを受付

最終更新日:

日本ディープラーニング協会は2023年7月3日、「DCON2024」の公式サイトをオープンしたことを発表した。また、合わせてエントリーの受付およびスポンサーの募集を開始した。

DCONは、高等専門学校の学生が「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品を競うコンテスト。作品の事業性を企業評価額で競う。コンテストを通じた教育プログラムの提供だけではなく、コンテスト参加後の起業・事業化支援プログラムまで一気通貫してサポートする。半年以上かけて実施する起業家育成プログラムで あり、これまで複数のスタートアップを輩出している。

開催期間、表彰・賞金額は以下の通り。

開催期間
エントリー:2023年7月3日(月)~2023年10月16日(月)13:00締切
一次審査結果発表:2023年10月末予定
二次審査結果発表:2024年1月末予定
本選:技術審査会:2024年5月10日(金)
   プレゼンテーション審査会:2024年5月11日(土)
会場:ヒカリエホール(東京・渋谷区)

表彰・賞金
最優秀賞 起業資金100万円
2位 起業資金50万円
3位 起業資金30万円
その他、大臣賞・企業賞 等 贈呈予定

DCON2024エントリー概要

■エントリー期間について
2023年7月3日(月)~10月16日(月)13:00締切

■応募資格について
全国の国公私立高等専門学校に在籍する学生(専攻科生を含む)
※応募時点で在籍していれば、本選時点で学校を卒業している方でも応募可能

■応募作品について
ディープラーニングとハードウェアを組み合わせた作品で、事業性に富むもの。一次審査では、書類選考のみのアイデアベースで構わないが、本選までには展示デモンストレーションおよびプレゼンテーションができるレベルまで完成することが前提

■エントリー〜本選までの流れについて
例年DCONでは、課題解決策を事業案として提出いただく一次審査、プロトタイプを制作し技術面での実現性を審査する二次審査を経て、本選出場チームが決定される。本選出場チームは、高専出身者を含む事業経験豊富な起業家有志が各1名ずつメンターとして参画し、 開発した作品の「事業性」を磨き、本選審査員のベンチャーキャピタリスト陣から企業評価額を勝ち取るためのプレゼンテーションに臨む

■エントリー校への支援について
本選チームの所属学校には、AI/ディープラーニング教育および起業家教育のための寄附金として10万円を贈呈。また、1次審査通過チームには資源提供としてプロトタイプ制作費3万円を贈呈

スポンサー募集も開始

協賛スポンサーの募集も開始しており、DCON2024への協賛を検討している企業向けに、7月11日(火)にオンライン説明会も実施される。

問い合わせは以下から。スポンサーシップに興味のある企業は問い合わせてみては。

DCON実行委員会事務局 info@dcon.ai

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと