HOME/ 注目のニュース /AI inside、AIエージェント「Heylix」の提供を開始、複数のAI技術を組み合わせマルチモーダルなタスクを支援
2023.08.02

AI inside、AIエージェント「Heylix」の提供を開始、複数のAI技術を組み合わせマルチモーダルなタスクを支援

最終更新日:

2023年8月2日、AIプラットフォームを提供するAI insideは、AIエージェント「Heylix」を8月3日より招待制のクローズドβ版として提供開始すると発表した。ユーザーは「Heylix」に指示を出すだけで、生成AI、予測AI、画像認識AIなどのテクノロジーを組み合わせ、あらゆるタスクを自律的に行えるとうたう。

「Heylix」は、業界・業種を問わずあらゆる業務を汎用的に支援するAIエージェント。ユーザは「Heylix」に指示を出すだけで、AIエージェントがマルチモーダルかつ自律的にタスクをこなす“Buddy(バディ)”を生成する。ユーザはBuddyの支援により、高度なDXを実現できるという。

「Heylix」から外部システムのAPIを自然言語で呼び出すことが可能で、APIが公開されているソフトウェアであれば「Heylix」のユーザインターフェースで利用できる。それらソフトウェアの機能をバックグラウンドで生成AI、予測AI、画像認識AIと複合処理させた、より高度な“Buddy”を生成することも可能だ。また、作成した“Buddy”の外部システムに組み込みや、生成された“Buddy”はユーザ間でシェアすることも可能。

同社はすでにHeylix一部の既存顧客へ先行提供しており、300を超える“Buddy”のアイデアが生まれているという。今期中に、1,000人以上の“Buddyアーキテクト”を創出し、AI insideのプラットフォームから生まれ利用されるAIの数を現在の10倍以上に増加させることを目指すという。

サービス概要は以下の通り。

・提供開始日:2023年8月3日(クローズドβ版)
・課金体系:従量課金
・価格:1,000トークンあたり10円
・お問い合わせ:https://form.run/@heylix

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと

あなたにおすすめの記事

ニューヨーク・タイムズ vs OpenAIは単なる法廷闘争ではない

マルチモーダルLLM時代のベンチマークから見たGPT-4VとGeminiの比較

GPT StoreのUXはまだ酷い

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

【2023年12月版】世界各国のAI規制とガイダンスの動向まとめ

AIが生成したコンテンツを自分のサイトで公開して学んだこと