HOME/ AINOW編集部 /NTTドコモグループ、生成AIのサービス提供に向け社内での活用実証実験を開始
2023.09.14

NTTドコモグループ、生成AIのサービス提供に向け社内での活用実証実験を開始

2023年8月21日からNTTドコモグループ3社(株式会社NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ株式会社、NTTコムウェア株式会社)は、NTTドコモが開発した「大規模言語モデル(LLM) 付加価値基盤」を使い、生成AIの社内活用の実証実験を開始することを発表した。

具体的には、業務における専門性の高い問い合わせに対し、社内ルールやマニュアルをベースにLLMが生成した文章で回答を行うなどの業務での活用を試し、法人顧客との検証を経て、2023年度中のサービス提供開始を目指す。

現状の基盤の機能に加えて今後は以下を目指すという。

  • ドコモが保有するビッグデータや音声認識/画像認識などのAI技術との統合
  • 機微情報の外部送出フィルタリング機能や LLM からの不適切回答のフィルタリング機能を追加
  • Azure OpenAI Serviceだけでなく、NTT研究所が独自に開発する分野特化型のLLMなど、ユースケースに応じてさまざまなLLMを選択できるように基盤を拡張

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説

あなたにおすすめの記事

IMFレポート解説:無策だとAIによって格差社会となる。「公平なAI先進国」になるための日本の政策とは?

AGI実現までのロードマップを歩み出す

生成AI導入事例集|産官学の生成AI導入背景、実装方法、効果まで完全網羅

【完全版】生成AI導入の導入方法

【完全版】生成AIの導入方法|3つのポイントを解説