HOME/ AINOW編集部 /Googleが生成AIを活用した検索サービス「SGE(Search Generative Experience)」日本語版の試験運用を開始
2023.09.14

Googleが生成AIを活用した検索サービス「SGE(Search Generative Experience)」日本語版の試験運用を開始

2023年8月30日、Googleは、Google検索の新機能として生成AIによる検索体験 「SGE(Search Generative Experience)」 の日本語版の試験運用を開始した。
Googleの検索に関する新しい機能が試せる「Search Labs」にGoogle アカウントを登録することで、デスクトップの Chromeブラウザ、スマートフォンのGoogleアプリ(Android および iOS)で利用可能だ。

生成AIの新たな技術進歩に伴い、検索エンジンの更なる可能性を再考し、ユーザーがトピックをより早く理解できるサポートを目指すという。

SGEを使用した検索では、「残暑見舞いはいつ頃送る? 」と質問した際に概要が記載された後に、「残暑見舞いに何を送ったら喜ばれますか?」や「残暑見舞いのマナーは?」といった追加で質問できる機能がある。
さらに、概要にある情報をより掘り下げて調べられるよう、参考にできるウェブサイトへのリンクも表示される機能も備わっている。

通常の検索のように新たに検索し直す必要がなく、質問から質問へと文脈が引き継がれるため、より効率的に検索を続けることができる。

 

Googleは、生成AIとLLMは検索が常に正しく機能するとは限らないことを考慮し、生成 AI による検索体験 (SGE) のモデルも、検索の高い品質基準を維持できるようトレーニングを続け、今後もさらにアップデートをしていく予定のようだ。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート

あなたにおすすめの記事

“現実と仮想の境界線を越えたエンターテイメントとは?” |川田のロンドン体験レポート

低コストで高性能なAIモデル・MoEモデル開発の舞台裏|カラクリCPO中山氏へインタビュー

生成AIの未来を切り拓く起業家の軌跡と展望|usutaku氏インタビュー

「第8回 AI・人工知能EXPO【春】」ブース&「ChatGPT-4o」セッションレポート