HOME/ /量子コンピュータ
2017.06.22

量子コンピュータ

量子コンピュータ

量子コンピュータとは、量子力学的原理を用いた新しいコンピュータの概念で、従来のPCをはるかにしのぐ性能を持つ可能性を秘めた技術です。従来のPCでは、情報をデータの最小単位である「ビット」を用いて表しています。このビットは0か1の値を取り、これが複数集まると複雑な情報も表すことが可能になります。量子コンピュータの場合、このビットの代わりに2つの状態を取れる粒子である量子の特徴を用いた量子ビットを利用します。例えば、4ビットで情報を表すときには、2の4乗=16通りあるうちの1つしか表せませんが、量子ビットを使えば、16通りすべてを同時に表すことができます。要するに、同時に計算できる量が圧倒的に多いので、処理のスピードが格段に上がるというわけです。

NASAやGoogleは2013年5月に「Quantium Artificial Intelligence Lab(量子 人工知能 研究所)」を設立し、量子コンピュータについて研究をしてきました。世界初の商用量子コンピューター「D-Wave」も登場していて、このような量子コンピュータを利用したAIの登場は近いかもしれません。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面

あなたにおすすめの記事

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【後編】(TensorFlowでの比較)

ZホールディングスとLINEの経営統合が完了|サービス拡充のため、AIに5年間で5,000億円を投資

【流通・小売業界×DX】生き残るための鍵「所有から利用へ」とは?

Appleの新しいM1チップ搭載MacBookは機械学習に関するビーストマシンだ【前編】(CreateMLでの比較)

AIが活用するデータは誰のもの?AIビジネスで見落とす法的な観点を紹介

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【後編】(米中覇権争いの行方)

2020年のAI研究ランキング:アメリカは中国をリードし続けられるのか?【前編】(各種ランキング)

Kaggleで勝ちっぱなしのデータサイエンティストに話を聞いてみた

空きスペース 活用 アイキャッチ

空きスペースをうまく活用するには?ビジネスシーンでの活用方法もご紹介!

【Microsoftリサーチ公式ブログ記事】チェス用AIの人間的な側面