HOME/ /LISP
2018.03.05

LISP

LISPとは、LIStProcessorの略で、前置記法などが特徴の一つである、初の関数型プログラミング言語のこと。

プログラミング言語としてはFORTRANに次いで2番目に古く、人工知能の分野で利用されることが多い。マサチューセッツ工科大学の人工知能研究者であるジョン・マッカーシーによって考案された。LISPには、Common LispやEmacs Lisp、Schemeなどがあるが、1996年にANSI標準となったCommon Lispが代表的なLISP言語となっている。LISPはリストを主要として構築されたため、ソースコード自体がリストからできている。そのため、ソースコードをデータとして操作することができる。

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

ノーコードAI構築ツールのMatrixFlow、1億円の資金調達を実施

東大発AIベンチャー TRUST SMITHが京都機械アルゴリズム研究所を設立

ローランド・ベルガーとABEJAがAIを活用した「需要予測コンサルティングパッケージ」を共同開発

東大 松尾豊氏、株式会社ELYZAの技術顧問に就任

ギリア、ニューラルネットワークを自動設計しサイズを90%以上縮小可能な「Ghelia Spectre」を開発

広告効果の高い人物モデルをAIで生成する「極予測AI人間」をサイバーエージェントが提供開始

Ideinが20億円の資金調達、エッジAIプラットフォームの加速へ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/26更新】

元DeepMindリサーチャーが日本で起業!AI活用でSDGs達成を目指す

あなたにおすすめの記事

ノーコードAI構築ツールのMatrixFlow、1億円の資金調達を実施

東大発AIベンチャー TRUST SMITHが京都機械アルゴリズム研究所を設立

ローランド・ベルガーとABEJAがAIを活用した「需要予測コンサルティングパッケージ」を共同開発

東大 松尾豊氏、株式会社ELYZAの技術顧問に就任

ギリア、ニューラルネットワークを自動設計しサイズを90%以上縮小可能な「Ghelia Spectre」を開発

広告効果の高い人物モデルをAIで生成する「極予測AI人間」をサイバーエージェントが提供開始

Ideinが20億円の資金調達、エッジAIプラットフォームの加速へ

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/10/26更新】

元DeepMindリサーチャーが日本で起業!AI活用でSDGs達成を目指す