TAG 農業


「植物工場」という名称に悪印象を持つ人々が多かった時代はとうに終わり、スーパーの店先には植物工場育ちのレタスやサラダ菜、キノコなどが並んでいる。成長に適した温度・湿度で、成長を促す波長のLED光を当てられて育つ植物は、計..."> キュレーション

情報通信技術を活用した新しい農業

「植物工場」という名称に悪印象を持つ人々が多かった時代はとうに終わり、スーパーの店先には植物工場育ちのレタスやサラダ菜、キノコなどが並んでいる。成長に適した温度・湿度で、成長を促す波長のLED光を当てられて育つ植物は、計…


様々な取り組みが進みつつあるアグリテックだが、現状では個々の企業や農業従事者による「点」の分散にとどまる。これを日本の農業全体の活性化につながる「面」の動きにどう発展させるかが、喫緊の課題として浮上している。"> キュレーション

日本の農業の危機を救え! 国ぐるみの活動がスタート(農業 4.0)

様々な取り組みが進みつつあるアグリテックだが、現状では個々の企業や農業従事者による「点」の分散にとどまる。これを日本の農業全体の活性化につながる「面」の動きにどう発展させるかが、喫緊の課題として浮上している。 AINOW…


2017.06.16 農水と経産の連携でイノベーション創出一覧へ 農林水産省と経済産業省はAI、IoTなどの活用研究を連携して行いイノベーションを創出する取り組みに力を入れている。それぞれの組織の役割と強みを活用することで商工業と農業の相乗効果で新たな産業の創出もめざす。 6月2日に両省が連携してシ"> キュレーション

農水と経産の連携でイノベーション創出(17.06.16)

2017.06.16 農水と経産の連携でイノベーション創出一覧へ 農林水産省と経済産業省はAI、IoTなどの活用研究を連携して行いイノベーションを創出する取り組みに力を入れている。それぞれの組織の役割と強みを活用すること…


ボッシュは2017年6月8日、人工知能(AI)を利用したハウス栽培トマト向け病害予測システム「Plantect(プランテクト)」を発表し、同日受注を開始した。出荷は同年8月からを予定している。"> キュレーション

ボッシュがスマート農業分野に進出

ボッシュは2017年6月8日、人工知能(AI)を利用したハウス栽培トマト向け病害予測システム「Plantect(プランテクト)」を発表し、同日受注を開始した。出荷は同年8月からを予定している。 AINOW人工知能専門メデ…


■独ボッシュ日本法人 8日、AI(人工知能)を利用して作物の病害を予測する農業向けのサービスを始めると発表した。ビニールハウス内の温度や二酸化炭素(CO2)の量などをもとに、AIが病害の発生リスクを算出する。適切なタイミングで予防薬を散布できるようになるとして農家に提案する。初年度に数百台の販売を目"> キュレーション

ボッシュ、日本で農業向けサービス AI活用し病害予測

■独ボッシュ日本法人 8日、AI(人工知能)を利用して作物の病害を予測する農業向けのサービスを始めると発表した。ビニールハウス内の温度や二酸化炭素(CO2)の量などをもとに、AIが病害の発生リスクを算出する。適切なタイミ…


愛知県は、研究指定校13校で、STEM(科学・技術・工学・数学)4分野に関する研究や教材開発を行う「あいちSTEM教育推進事業」を実施する。"> キュレーション

農業やAIテーマに あいちSTEM教育推進で指定校

愛知県は、研究指定校13校で、STEM(科学・技術・工学・数学)4分野に関する研究や教材開発を行う「あいちSTEM教育推進事業」を実施する。 AINOW人工知能専門メディアAINOW(エーアイナウ)です。人工知能を知り・…


農業機械メーカーのみのる産業(岡山県赤磐市)は、徳島県石井町で最新技術を取り入れた次世代農業に参入する。まずは養液栽培の次世代型ハウスで、ミニトマトの生産を2018年春から始める。最先端の農業機械を開発するための実証の場として活用する。 徳島での農業を手掛ける、みのるファーム(徳島市)を4月に設立し"> キュレーション

みのる産業、徳島で先端農業 農機開発へ実証

農業機械メーカーのみのる産業(岡山県赤磐市)は、徳島県石井町で最新技術を取り入れた次世代農業に参入する。まずは養液栽培の次世代型ハウスで、ミニトマトの生産を2018年春から始める。最先端の農業機械を開発するための実証の場…


日本では、急速に進んでいる少子高齢化および過疎化のため、労働力不足が深刻な問題になっており、農業における生産性の向上が重要な課題となっている。こうした中、精密農業は、解決策の1つであると見られている。2025年まで平均12%の成長が見込まれる「精密農業」について、基本的なコンセプト、目的、利用技術、そして将来動向をフロスト&サリバン ジャパン 成長戦略コンサルティングマネージャの伊藤 祐氏が解説する。"> キュレーション

日本を救う精密農業は「4つのICT」が支えている

日本では、急速に進んでいる少子高齢化および過疎化のため、労働力不足が深刻な問題になっており、農業における生産性の向上が重要な課題となっている。こうした中、精密農業は、解決策の1つであると見られている。2025年まで平均1…


日本の農業が再生し、発展するために必要なこと。そのひとつに、作物の栽培や経営に革新をもたらす新しいテクノロジーがある。今回はフリーランスで食と農の取材を続け、その最新動向をまとめた新刊の著者、窪田新之助氏に話を聞いた。"> キュレーション

ロボットとAIがひらく農業の未来

日本の農業が再生し、発展するために必要なこと。そのひとつに、作物の栽培や経営に革新をもたらす新しいテクノロジーがある。今回はフリーランスで食と農の取材を続け、その最新動向をまとめた新刊の著者、窪田新之助氏に話を聞いた。 …


2017年5月18日、「富士通フォーラム2017」において、富士通の代表取締役の田中達也社長と執行役員常務CMOの阪井洋之氏が、ITを活用し顧客との新ビジネスを創出する「Digital Co-creation」について講演した。富士通の技術を農業、医薬、スポーツなどの分野で活用した事例を紹介した。"> キュレーション

富士通田中社長が講演、農業やスポーツ分野の最新の取り組み披露(ニュース)

2017年5月18日、「富士通フォーラム2017」において、富士通の代表取締役の田中達也社長と執行役員常務CMOの阪井洋之氏が、ITを活用し顧客との新ビジネスを創出する「Digital Co-creation」について講…


私は以前、シリコンバレーのようなベンチャー集積を東京・渋谷でつくろうと、「ビットバレー構想」を提唱。創業したインキュベーション企業は上場して、2008年まで社長をやっていたが、人生後半戦、地に足を着けて何かライフワークを見つけたいと思った…...
この記事の続きを読む"> キュレーション

ITを活用した農業で地域を健康に

私は以前、シリコンバレーのようなベンチャー集積を東京・渋谷でつくろうと、「ビットバレー構想」を提唱。創業したインキュベーション企業は上場して、2008年まで社長をやっていたが、人生後半戦、地に足を着けて何かライフワークを…

この記事の続きを読む"> キュレーション

牛診断など AI活用7事業を支援 農水省が選定、20年まで実用化狙う

農林水産省は29日、農業分野での人工知能(AI)活用を推進するため、家畜の病気を発見するシステムや農産物の自動収穫ロボットの開発など、支援する7事業を発表した。各事業には実用化を早めるため、農林漁業者の参加を求めた。農水…


農林水産省は29日、農業分野での人工知能(AI)活用を推進するため、家畜の病気を発見するシステムや農産物の自動収穫ロボットの開発など、7事業を支援すると発表した。早期の実用化に向け、農林漁業者にも参加を呼びかける。農水省は各事業で開発する技術について、支援が終わる平成32年までに実用化する方針だ。平...
この記事の続きを読む"> キュレーション

AIで牛の病気を早期発見 農水省が7事業支援 経済効果200億円も?

農林水産省は29日、農業分野での人工知能(AI)活用を推進するため、家畜の病気を発見するシステムや農産物の自動収穫ロボットの開発など、7事業を支援すると発表した。早期の実用化に向け、農林漁業者にも参加を呼びかける。農水省…


全国農業協同組合連合会(JA全農)、農林中央金庫、産業革新機構、住友商事の4社・団体は27日、農業ベンチャーのファームノートホールディングス(HD、北海道帯広市、小林晋也社長)の第三者割当増資を引き受け、5億円を出資すると発表した。 ファームHDはICT(情報通信技術)を使い、飼育牛を管理するシステ...
この記事の続きを読む"> キュレーション

全農や革新機構など、農業ベンチャーに出資 5億円

全国農業協同組合連合会(JA全農)、農林中央金庫、産業革新機構、住友商事の4社・団体は27日、農業ベンチャーのファームノートホールディングス(HD、北海道帯広市、小林晋也社長)の第三者割当増資を引き受け、5億円を出資する…


酪農・畜産向けIoT ※1ソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(本社:北海道帯広市、代表取締役 小林 晋也 以下、ファームノート)は、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)、農林中央金庫(以下、農林中金)、住友商事株式会社(以下、住...
この記事の続きを読む"> キュレーション

ファームノート、総額5億円の資金調達を実施 ~人工知能への研究開発、事業基盤を強化し、日本の強い農業に貢献~

酪農・畜産向けIoT ※1ソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(本社:北海道帯広市、代表取締役 小林 晋也 以下、ファームノート)は、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)、全国農業協同組合連合…

この記事の続きを読む"> キュレーション

AI農業 効率経営の芽 ゲームチェンジ 技術が拓く未来(上)

九州・沖縄から日本を変えようとする動きが相次いでいる。農業王国の強みを生かして人工知能(AI)を使った農業に挑戦。基幹産業である自動車では、高度な技術を持った自動運転車の実証実験が進む。九州・沖縄発の技術やサービスが既存…