HOME/ /AINOWとは
2017.06.15

AINOWとは

AINOW | 日本最大級のAI専門メディア

AINOW(エーアイナウ)へようこそ。

AINOWは、AI(人工知能)について知り・学び・役立てることができる国内最大級のメディアです。2016年の7月に創設されました。

「バイトル」「はたらこねっと」「ナースではたらこ」などを展開するディップ株式会社に設置されたdip AI. Labが運営しています。

AINOWの特長

①AINOWならではの1000本以上の独自コンテンツ

企業やイベントを取材するほか、独自にコラム記事を執筆し、公開しています。

▼AIを活用した手塚治虫の新作漫画の裏側をインタビュー

 

▼映画「AI崩壊」の入江監督への単独インタビュー

 

▼経済産業省に日本のAI戦略についてインタビュー

②AI分野のニュースを配信

日本国内のAI分野のニュースをまとめ、配信しています。

③イベントや企業/協会との連携

AINOWはさまざまなイベントに協賛をしているほか、一般社団法人 日本ディープラーニング協会のメディアパートナーを務めるなど、幅広い連携を行ってます。

▼メディアパートナー:日本ディープラーニング協会

 

▼メディアパートナー:日本経済新聞社主宰「AI/SUM」

 

▼メディアパートナー:AI・人工知能EXPO


今後もAI分野の活性化のため、AINOWは精力的に活動を続けていきます。

AINOW編集部所在地

〒106-6231
東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
ディップ株式会社 dip AI. Lab内 AINOW編集部

プライバシーポリシー

AINOWのプライバシーポリシーに関しては以下のWebページをご覧ください。

▼企業の広報担当者向け|取材の依頼やプレスリリースの掲載に関して

AINOWでは、AI分野の企業と連携し、積極的な情報発信を行っております。

以下のメニューをご参考ください。

プレスリリース関連

①プレスリリースを掲載してほしい(無償)

直近でプレスリリースを行う予定があれば、編集部までお気軽に、ご連絡いただければ幸いです。

ニュース記事として配信させていただきます。
※事前にお送りいただいた場合は、情報公開日時に合わせて配信いたします。

②プレスリリース前にインタビューをしてほしい(無償)

プレスリリース前に対面インタビューも可能です。

プレスリリースの内容などを含めて、AINOW編集部までご連絡いただければ幸いです。
※プレスリリース直前であれば、Zoomなどを活用したインタビューを実施し、ニュース記事にコメントを挿入させていただきます。

インタビューと合わせて写真撮影も行います。撮影した写真データはお送りいたしますので、プレスリリースのサムネイルなどに活用していただいて構いません。

③写真撮影をしてほしい(無償)

上記②のインタビューとのセットでのみ、ご案内しております。

インタビューのご依頼に関して

AINOWでは積極的にインタビューを実施しております。

インタビューしてほしい社員の方や、テーマがあればお気軽にご連絡いただければ幸いです。

【インタビューの基本的な流れ】

  1. 記事のテーマ/ターゲットをヒアリング
  2. 記事の構成に落とし込む(AINOW編集部)
  3. 記事の構成を基に質問事項を作成(AINOW編集部)
  4. 質問に解答(御社)
    Googleドキュメント上で書面回答
  5. 回答内容の確認(AINOW編集部)
  6. 回答内容を踏まえた上でインタビューを実施(オンラインor対面)
    ※必要性に応じて
  7. 写真撮影(AINOW編集部)
    6と合わせて実施
  8. 初稿作成(AINOW編集部)
  9. 事実確認(御社)
  10. 公開日の調整(AINOW編集部)
  11. 公開(AINOW編集部)

寄稿に関して

AINOWでは、寄稿記事も受け付けております。

【寄稿の基本的な流れ】

  1. 記事のテーマ/ターゲットをヒアリング(AINOW編集部)
  2. 記事の構成に落とし込む(御社)
  3. 確認(AINOW編集部)
  4. 本文の執筆(御社)
  5. 確認(AINOW編集部)
  6. サムネイルの作成(AINOW編集部)
  7. 公開日の調整
  8. 公開(AINOW編集部)

▼イベントの主催者向け|イベントスペースの無償貸出

AINOWを運営するディップ株式会社では、AI関連のイベントに限り、無償でイベントスペースの貸し出しを行っております。

貸し出しを行っているスペースは以下です。

セミナールーム(70名収容)飲食不可
ピッチスペース(20名収容)飲食不可