チューリングテスト

チューリングテスト

1950年にAlan Turing氏が提唱した、いかにその機械が人間の真似をすることができるかどうかを判定するためのテスト。人間と機械、人間と人間で会話をさせ、それぞれの会話に対して評価をするという方法をとります。やり取りの中ですぐに人間か機械か判別することができないよう、やり取りは文字のみで行い、機械と人間の区別がつかなかった場合、その機械には「知能がある」ということになります。

しかし、このチューリングテストでは、機械に対してルールを定義すればある程度は人間のように答えることができるのではないかといった批判の声もありました。もしそのようにしているのであればチューリングテストでは知能の本質が検証されないないのではないかと。

そんな中、2014年にこのチューリングテストに合格する 人工知能 が現れました。

「ユージーン」という13歳の少年を想定した人工知能が審査員の約30%を欺き「人間である」と判定されました。チューリングテストに合格した人工知能はこの「ユージーン」が初めてだといいます。

このチューリングテストの合格により、人工知能がチューリングテストの定義するところの知能に達したと言えるでしょう。

出典)IT media NEWS

 

 

参考)AIビジネス研究会「60分でわかる!AIビジネス最前線」技術評論社

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する