tham人工知能を開発する

誰でも1時間でAIを設計できる「AI Lean Canvas」を作ってみました!

こんにちは。 AINOW 編集長のかめきちです。 皆さんの会社でもAIの導入を検討されているでしょうか? もうやっているよという方も多いかと思います。 しかし、AIの開発や製品を導入して、効果や精度改善できていますか? もし、うまくいっていないとしたら、導入の段階で間違っている可能性があるかも… そこで、私達のdip AI.Labで活用している、AIを導入したが機能しないという最悪の自体を減らすことのできる、AI開発用のフレームワークを共有させてください。 お話したいラインナップはこんな感じです。 ※ もう知ってるよという人はCanvasへ行きましょう。 リーンスタートアップって何? リーン・スタートアップの手法には、状況によって様々な考え方があるので、ここでは簡単にどんな考え方なのか、かなりざっくりと説明します。ここだけで本が何十冊と書けてしまうので…. スタートアップ企業は資金が潤沢ではなく、リソースもままならないという状態の中、最小のコストで如何に効率よくサービス構築をしなければなりません。その為、資金がショートする前に仮説検証する必要があり、偉人達の失敗からこのようなフレームになりました。現在では、スタートアップだけではなく、新しいサービス機能開発をする際に、活用されるようになってきています。 リーンスタートアップは、状況に応じて活用するフレームワークが異なってきます。大きなフェーズで分けると下記のようになります。 アイデアを考える時 Lean UX(顧客開発) Lean UXを定義する6つの要素とは? / UX for Lean startups 参照:https://calgaryux.files.wordpress.com どこにサービス化するユーザ、課題があるか探る手法 主にインタビューやアンケートなどを基に課題と解決策を特定していく。 アイデアをサービスにまとめる時 Lean Canvas 「MVPとは?」をもう一度考えてみた 参照:https://producthubbpma.files.wordpress.com 立ち上げたい事業やサービスの成功に必要な要素が揃っているか整理するもの Canvasの項目整理には、さらに顧客開発モデルを使うこともある。 サービスが活用されるか検証する時 MVP Canvas MVPとは?をもう一度考えてみた 参照:https://producthubbpma.files.wordpress.com Lean Canvasで考えた各項目が本当に成り立つかどうか、机上の空論でないか確認をしていく際に、仮設検証の方法を整理する考え方。 機能を開発する時 Product Backlog(アジャイル開発) 主にスタートアップで用いられるのがScrum開発、ユーザが使う最小の単位で開発していくやり方、良くある開発手法として、ウォーターフォールモデルと比較される。 サービスを作る上でもこのような手法がありますが、かなり複雑なので、さらに詳しく知りたい方は、こちらのスライドが大変参考になりますので、ご参照ください。言葉の整理ができると思いますよ。 10分でわかったつもりになるlean start up ~リーンスタートアップって何ですか?~ from 圭 進藤…

ニュース

ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家レベルで初

<1月1日、フィンランドがベーシック・インカム制度を導入した。2000人の失業者に対して月に560€(日本円にして約6万8000円)を支払うというもので、国家レベルでははじめて。現代の社会福祉のあらたな可能性としてにわかに脚光を集めている>  2017年1月1日、フィンランドが国家レベルでは欧州では…この記事の続きを読む

ニュース

STEMとは何か? アートを加えたSTEAMとは?成毛眞 氏に聞くAI時代の必須スキル

「STEM」とは、サイエンス(科学)の「S」、テクノロジー(技術)の「T」、エンジニアリング(工学)の「E」、マセマティックス(数学)の「M」を並べた造語だ。アメリカの教育現場から生まれた言葉で、最近ではこれにアート(芸術)の「A」を加えた「STEAM」といった言い方もする。元日本マイクロソフト社長で、現在はHONZ代表をつとめる成毛眞 氏に、いまSTEMやSTEAMに注目すべき理由について話を聞いた。…この記事の続きを読む

ニュース

電算システムは調整一巡して出直り期待、17年12月期も収益拡大期待

電算システム<3630>(東1)は情報サービス事業と収納代行サービス事業を展開し、クラウドサービスやAI関連も強化している。収納代行サービスの伸長などで16年12月期2桁増益・連続増配予想である。そして17年12月期も収益拡大が期待される。株価は16年12月の戻り高値圏から反落したが、調整一巡して出直りが期待される。■情報サービス事業と収納代行サービス事業を展開 情報サービス事業(SI・ソフト開発、情報処理サービス、商品販売)、および収納代行サービス事業(コンビニ収納代行、…..この記事の続きを読む

ニュース

データを活用できる組織になれるか–分析官に期待される役割とキャリア

前回はデータの民主化を推進する際の話を書きました。これまでの話のようにさまざまな職種のメンバーが自社のデータに手軽にアクセスができるようになり、それぞれの分析が可能になった後、データ分析者としてはどのような役割を担っていくことが良いのでしょうか。今回の記事ではデータ分析者が期待されてる役割、その評価とキャリアについて考察します。…この記事の続きを読む

ニュース

結局ドローンって何に使えるの?可能性を感じる世界のドローン活用法まとめ | デジマラボ出張所

おはようございます。小野寺です。ドローンの話題ってほんとうに絶えないですよね。ただ、盛り上がっているのはわかるものの、ビジネスとしてどんな風に使えるのか・使われているのか、ってあまり情報がないような気もしています。そこで今回は、ドローンをビジネスに使っている企業・団体とその活用方法をざっくりとまとめ…この記事の続きを読む

ニュース

ホンダの戦略は吉と出るか グーグルと「完全自動運転」共同研究

続きは「J-CASTニュース」へ ホンダと米グーグルが、完全自動運転車の共同研究に乗り出す。他社と資本提携を結ばず「自前主義」を貫いてきたホンダが、「ITの雄」であるグーグルと手を組むことで、完全自動運転の技術開発競争がますます激化しそうだ。 …この記事の続きを読む