HOME/ AI.Accelerator /世界初?ロボットからの寒中お見舞い/AINOW編集部より
2016.12.01

世界初?ロボットからの寒中お見舞い/AINOW編集部より

最終更新日:

「あけましておめでとうございます!」旧年中は大変お世話になりました。ひとかたならぬお世話になったみなさんですので、お年賀ご挨拶に少々工夫をしてみました。たぶんロボットから寒中お見舞いが届くのは世界初…でしょう!

AIのサイトだから…「AI搭載(予定)ロボットからの寒中お見舞い」です

「ロボットが進藤の代筆で寒中お見舞い申し上げます」ということで、ロボットからの寒中お見舞いです。まだ実はAI搭載してないんですよね。現在開発中で年始には驚きのAI利用法をお目見えさせる予定です。※進藤というのは中の人

こんなのが届く

ちょっとにじんだり、よれていたり。実際にロボットくんが1枚1枚丁寧に書いています。

書いてくれたのは「KAKIEMON」。作業風景をご覧ください。

ホントにロボットが書いているの?印刷なんじゃないの?とお思いの方もいらっしゃることでしょう。本メッセージは「手書き風手紙作成AIロボット:KAKIEMON」が1通1通一生懸命書いています。実際の作業の様子を動画に撮影しました。1枚書くのに4分22秒!人よりは早いでしょうか。

じつは隣で開発者のHiroさんがロボットのお世話をしているのですがそれがまた味わい深い、かわいい感じです。

「文字を下手に書く=人間っぽくする」ためにAIを使う?

だけど達筆すぎない?と思われた、そこのあなた。鋭いです。このロボットがAIを利用するのは「文字を下手に書く=人間っぽくする」ために使います。AIっていうと人間らしくないイメージですが、ちょっと面白いAIの使い方ですよね。

「KAKIEMON」Hiroこと佐藤 博さん

AIアクセラレーターにも採択中のHiroさんによると現在開発チームが始動準備中。ロボットからの手紙を受け取りたい方、出してみたい方、サイトをぜひご覧になってみてください。

今年もよろしくお願いします!

ちょっと楽しんでいただけたでしょうか?本年もお付き合いのほどどうぞよろしくお願い致します!

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット

あなたにおすすめの記事

いかにして私は機械学習を再び学び始めたか(3年後)【前編】

LINEが日本語特化の超巨大言語モデルの開発を発表、100億ページ以上の日本語データを学習

注目すべきDXの市場規模は?成長の早い業界や世界各国との比較も!

ビジネス上の目的を選択し、指定されたデータを用意するだけでモデルを作成する「datagusto」β版がリリース

囲碁AIがプロ囲碁の世界に与えた影響

機械学習入門者が学ぶべきこと、学習方法を超具体的に解説します

AIビジネスの先進事例を学ぶ「AI Experience Virtual Conference」が12/9〜12/10に開催

PKSHAと東京海上HDが合弁会社を設立。データをもとにソリューションを創出。

LINEバイト、AIが全案件の電話応募に対応、将来的にはAIが面接する可能性も示唆

DX人材とは ー6つの業種、4つのスキル、3つのマインドセット