HOME/ AI.Accelerator /AIアクセラレーター3期生キックオフの様子
2017.12.06

AIアクセラレーター3期生キックオフの様子

最終更新日:

こんにちは。AINOW編集部のこばやしです。

12月6日に開催されました、AIアクセラレーター3期生のキックオフの模様を写真とともにお届けします。1期生、2期生の時と同様にオリエンからスタートし、初回の事業面談・技術面談と簡単な取材の時間が取られました。

(3期の採択企業は9社。1期、2期より1社増えました!)

AIアクセラレーターの背景説明

まずはディップAI. Lab 室長、進藤から今回のアクセラレーターを始めた背景や企画趣旨、3ヶ月間のプログラムの流れの説明がありました。

全員男性ですね・・・。2期生は大学生がいたのですが、今回は年齢層も高めでしょうか。

メンターの郡さんからVC・投資家へのピッチアドバイスなどのお話がありました。

そして、今回もデモデイ同様、協賛企業である株式会社コンプ様より「完全食COMP GUMMYタイプ」をご提供いただきました。完全食COMPは、ヒトが生きるのに必要なすべての栄養素を手軽に理想的に補える「完全食」。寝食惜しんでもやりたい仕事や趣味がある人に「栄養」と「時間」を提供する、まさにAIアクセラレーターにぴったりな食品です!

詳しくはこちらをどうぞ。
「カラダに必要な全栄養をこの一杯のなかに!開発者の実体験から生まれた完全食COMP」(startup times, 2017.11.01)

オリエンの最後にこれからのプログラムに向けての英気を養うため、COMPを食べる採択企業のみなさんをパシャり。

事業面談(1社30分)

ディップ進藤とメンターの郡氏と各社メンバーとの事業面談。1社30分みっちりと行われました。かなりハードにハンズオンで行われるプログラムですが、期間の3か月で達成したい事業目標のヒアリングと各月でのKPIブレイクダウン、資金調達などの資本回りの相談など経営に関するアクセレ―ションの方針が打ち合わせされます。

今回は1社企業数が増えたこともあり、ディップ進藤とメンターの郡氏がそれぞれ1社ずつを担当しました。

技術面談(1社15分)

事業面談に続いては、技術面談です。ディップAI. Lab AINOW編集部の亀田(エンジニア出身)による15分のメンタリングが行われました。AIアクセラレータならではの技術的課題のヒアリングから、技術的課題の解決にあたってくれそうなアドバイザーの紹介など、個別具体的な相談が行われます。

亀田はAIの開発ステップを定型化したAILeanCampusを作成して、コンサルティングにあたっています。

取材(1社30分)

最後はディップAI. Lab AINOW編集部の大久保と小澤によるこちらも30分の取材タイム。外部へ出す情報のすり合わせも同時に行われ、当日中に紹介記事としてAINOW内にて公開されました。1期生、2期生も紹介記事の内容を素材にプレスリリースが発信されたり、メディアからの取材が来たりと外部発信の良い機会となっています。

終わりに

オリエン、初回1on1、技術面談、取材、と今回も盛りだくさんな内容でした。ハンズオン型のアクセラレータープログラム、3期もいよいよスタートですね!3ヶ月後のデモデイが今から楽しみです。

日本初「人工知能スタートアップ特化型」育成投資


無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

日本初!AIを活用したドッグシッターのサブスクサービス『Furbo ドッグシッター』が開始

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/07/06更新】

オープンハウスが物件チラシ全自動作成システムを開発 ー年約3700時間の工数削減

PFNが教育事業を開始、やるきスイッチと提携 -第1弾は小学生向けプログラミング教材

社会人2,000人に調査、51%が「自分の職業はAIに淘汰されない」と回答、「AIを味方」だと捉える人も46%

「今機械学習に必要なのはデータマネジメント」5つの秘訣を実例つきで紹介

688台のAIカメラが導入!関東初のスマートストアが千葉にオープン

「差別を植え付けるデータ」MITが大規模データセットを削除 -問われるデータの公平性

振り込め詐欺をエッジAIで防止 -北洋銀行が実証実験