HOME/ AINOW編集部 /みずほ銀行と凸版印刷がAIによる校閲・校正システムの実証実験を開始
2018.12.06

みずほ銀行と凸版印刷がAIによる校閲・校正システムの実証実験を開始

最終更新日:

株式会社みずほ銀行と凸版印刷株式会社が AIを活用した校閲・校正支援システム実証実験を2018年12月から開始すると発表しました。

この実証実験は、 凸版印刷が開発したWebや情報誌の編集業務の最適化を実現するAIを活用した校閲・校正システムを導入し、 みずほ銀行の広告制作物における校閲・校正業務の自動化を検証するもの。 人の手を使ったアナログでの業務について、 デジタル化および最新AI技術の導入により、 校閲・校正の精度向上を目指します。

システム概要

このシステムは、 制作媒体における校閲・校正業務において、 AIを活用して業務の一部を自動化し、 校閲・校正業務の精度向上と作業者の業務負荷軽減を実現します。

さまざまな企業の媒体制作で培ってきた校閲・校正のノウハウを活用したシステムで凸版印刷がさまざまな企業の媒体制作を通じ従来から培ってきた校閲・校正ノウハウとAIを活用することにより、 精度の高い校閲・校正システムを開発したといいます。

特徴

  • AIを活用することによる検出精度の向上と、 お客様ごとの柔軟なカスタマイズで各企業特有の校閲・校正業務に対応
  • 従来は検出できなかった「助詞」や「漢字変換」などの誤りについて、 ディープラーニング(深層学習)などのAI技術を活用することで、 検出を可能にしました。 標準機能の「正しい日本語チェック」に加えて、 お客様毎の個別のチェックルールに合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。 作業者の校閲・校正業務を幅広くカバーします。

今後

みずほ銀行は今回一部広告制作物を対象に実証実験を実施し、 今後広告制作物全般の校閲・校正業務へ本システムの適用を拡大させていく予定。

凸版印刷は、 この実証実験を通じた効果検証により、 システムの精度向上と汎用サービス化に向けての取り組みを進めます。 また今後も、 本システムをはじめとするデジタルを活用した制作物の品質向上・業務効率化に向けたサービスの提供を推進します

 

無料メールマガジン登録

週1回、注目のAIニュースやイベント情報を
編集部がピックアップしてお届けしています。

こちらの規約にご同意のうえチェックしてください。

規約に同意する

あなたにおすすめの記事

トップセールスが語るAIを売るために必要な3つのスキル ーAIの発展に必要なのはエンジニアだけではない!

AINOW 読者アンケートを実施中!- 編集部からのお知らせも

エッジAI専用ブースが登場!「AI・人工知能EXPO」が10/28から開催

データサイエンスのキャリアにおいてあなたを不可欠な人材にする4つのスーパーパワー

あなたのポートフォリオを目立たせる8つの機械学習/AIプロジェクト

ELYZAが人間を超える国内最大の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を発表 ー事業パートナーも募集

少数データから本質を抽出するスパースモデリング

機械学習におけるデータの重要性とは?基礎から実用化まで徹底解説!

DXにおける「設計図」の重要性 -データ蓄積から始めた英会話イーオンのDX

先週のAI関連人気ツイートTOP20!【2020/09/14更新】